関戸 麦

パートナー

関戸 麦

せきど むぎ

プロフィールを印刷

言語
日本語英語

連絡先

TEL
03-5223-7759
FAX
03-5223-7659

取扱分野

関戸 麦:受賞等

受賞等
Chambers Asia Pacific 2019にて高い評価を得ました
受賞等
Who's Who Legal: Japan 2018にて高い評価を得ました
受賞等
Benchmark Litigation Asia-Pacific 2018において高い評価を得ました

一覧へ

関戸 麦:ニュース

事務所関連情報
ICC主催の国際仲裁トレーニングセミナーを当事務所において開催します
事務所関連情報
日本貿易振興機構(JETRO)が公表した『貿易・投資相談Q&A「輸出時におけるPL法の対策・留意点:米国」』の作成に、当事務所の弁護士が関与しました
公益活動
関戸 麦 弁護士が日本仲裁人協会事務局次長に就任しました

一覧へ

関戸 麦:ニュースレター

Client Alert 2018年12月号(Vol.60) ダウンロードPDF
Client Alert 2018年7月号(Vol.55) ダウンロードPDF
Client Alert 2018年2月号(Vol.50) ダウンロードPDF

一覧へ

関戸 麦:セミナー・講演

2018年9月7日~2018年9月8日外部セミナー
『SIAC Academy Tokyo 2018』
2018年6月29日外部セミナー
『模擬国際仲裁 ー5G時代のSEP(標準必須特許)紛争の早期解決に向けてー』
2018年3月5日外部セミナー
『PRACTICAL TIPS FOR INTERNATIONAL COMMERCIAL ARBITRATION — DOS AND DON'TS』

一覧へ

関戸 麦:著書・論文

雑誌 座談会/対談
「パネルディスカッション 争点整理は,口頭議論で活性化するか」
書籍 論文
『わかりやすい米国民事訴訟の実務』
書籍 論文
「Guide to Restructuring, Turnaround and Insolvency in Asia Pacific 2018」

一覧へ

関戸 麦:関与した研究報告書等

2017年12月 外務省「多国間条約の加盟国の『協力義務』及び条約により設立された国際機関と同条約加盟国との間の『協力義務』に関する国際裁判判例」に関する調査研究

関戸 麦:その他

経歴

1991年
東京都立八王子東高等学校卒業
1996年
東京大学法学部第1類卒業
2004年
シカゴ大学ロースクール修了
2004年
Fulbright & Jaworski法律事務所(ヒューストン)にて執務(~2005年)

主な活動

  • 2007年 東京地方裁判所民事訴訟の運営に関する懇談会委員(~現在)
  • 2008年 第二東京弁護士会司法制度調査会民事法部会部会長(~2012年)
  • 2009年 国際法曹協会会員(~現在)
  • 2009年 日本弁護士連合会民事裁判手続に関する委員会委員(~現在)
  • 2011年 環太平洋法曹協会会員(~現在)
  • 2011年 日本弁護士連合会不当な収益のはく奪・集合訴訟に関する検討ワーキンググループ委員(~2015年)
  • 2012年 第二東京弁護士会司法制度調査会訴訟法部会部会長(~2018年)
  • 2012年 日本仲裁人協会会員(~現在)
  • 2013年 The Dispute Resolution Board Foundation会員(~現在)
  • 2013年 日本弁護士連合会集団的消費者被害回復訴訟制度ワーキンググループ副座長(~2015年)
  • 2016年 日本仲裁人協会事務局次長(~現在)
  • 2016年 日本弁護士連合会民事裁判手続に関する委員会副委員長(~現在)
  • 2018年 英国仲裁人協会(CIArb)会員(~現在)

所属プラクティスグループ

  • 国際的紛争解決プラクティスグループ

弁護士登録

1998年 弁護士登録
第二東京弁護士会 所属
2005年 ニュ-ヨーク州弁護士登録
ニュ-ヨーク州弁護士会所属