康 石

外国法パートナー

康 石

Kang Shi

(※外国法共同事業を営むものではありません。 )

プロフィールを印刷

言語
日本語英語中国語韓国語

1997年から日中間の投資案件をメインに弁護士活動をしてきた。2005年から4年間、ニューヨークで企業買収、証券発行、PEファンドの設立と投資案件等の企業法務案件を経験した。2009年からはアジアに本拠地を移し、中国と関係するクロスボーダー取引案件、事業再編及び紛争処理、コンプライアンス関連案件を取り扱っている。

連絡先

TEL
03-5223-7796 (東京)
+86-21-6841-2500 (上海)
FAX
03-5223-7696 (東京)
+86-21-6841-2811 (上海)

取扱分野

康 石:受賞等

受賞等
Chambers Global 2018にて高い評価を得ました
受賞等
Chambers Global 2017にて高い評価を得ました
受賞等
Chambers Global 2016にて高い評価を得ました

一覧へ

康 石:ニュース

メディア
石本 茂彦 弁護士、康 石 弁護士、本間 隆浩 弁護士、森 規光 弁護士が執筆した論文『China Outbound Investment Guide 2017-Japan』がChina Law & Practiceのウェブサイトに掲載されました
事務所関連情報
パートナー、外国法パートナーおよびオブ・カウンセル就任のお知らせ
事務所関連情報
康 石 弁護士(中国律師)が外国法事務弁護士として東京オフィスに復帰しました

一覧へ

康 石:セミナー・講演

2017年12月6日事務所主催セミナー
名古屋ビジネスロー研究会(第38回)『中国法務の実務最前線(債権回収、事業再編・撤退、データセキュリティ規制)』
2017年9月13日事務所主催セミナー
ビジネスロー研究会(第160回):『中国法務の最新動向 ~外資規制の緩和(ヘルスケア・電気自動車を含む)と最新論点(データセキュリティ規制)~』
2017年9月11日事務所主催セミナー
大阪ビジネスロー研究会(第39回)『中国法務の最新動向 ~外資規制の緩和(ヘルスケア・電気自動車を含む)と最新論点(データセキュリティ規制)~』

一覧へ

康 石:著書・論文

論文
「China Outbound Investment Guide 2017-Japan」
書籍 論文
『中国経済六法2017年増補版』
書籍 その他
『中国経済六法2016年版』

一覧へ

康 石:その他

経歴

1997年
北京大学法学部卒業
1997年
北京中倫法律事務所で執務
2001年
東京大学大学院法学政治学研究科修士課程卒業
2004年
ハーバード大学法学部大学院卒業
2005年
ニューヨーク市Cleary Gottlieb Steen & Hamilton LLPで執務(~2006年)
2006年
ニューヨーク市Debevoise & Plimpton LLPで執務(~2008年)
2008年
ニューヨーク市Sullivan & Cromwell LLPで執務(~2009年)
2011年
上海国策法律事務所で執務(~2014年)

弁護士登録

1998年 中国律師資格取得
1999年 中国律師登録
2005年 ニューヨーク州弁護士登録
2014年 外国法事務弁護士(中国法)登録