電力/ガス

電力・ガスシステム改革下で激変するビジネス環境の中、最先端の情報・豊富な取引経験に基づくリーガル・サービスを提供します。

 2012年以降、電力・ガスの分野では、再生可能エネルギー電気の全量固定価格買取制度の導入と見直し、電力システム改革(広域的運営推進機関の設立、小売自由化、発送電分離)、ガスシステム改革(小売事業化、導管分離)が進められ、ビジネス環境が激しく変動しています。

 当事務所では、資源エネルギー庁(再生可能エネルギー推進室、電力・ガス事業部電力改革推進室)、広域的運営推進機関、原子力損害賠償・廃炉等支援機構、電力会社や商社、主要金融機関への弁護士の出向等を通じて、再生可能エネルギー発電事業に関する実務運用、電力・ガスシステム改革に関する制度設計・改正法整備、各種プロジェクトにおける実務感覚や留意点に関する知見、情報、経験を蓄積しています。

 また、当事務所では、電力分野、ガス分野とも、各種プロジェクトについて、スポンサー、事業者、金融機関、EPC業者等のプロジェクト関係当事者等、様々な当事者を代理して、豊富な関与実績を有しております。
特に電力分野においては、石炭、LNG等の火力発電プロジェクトのほか、太陽光、風力、地熱(フラッシュ、バイナリ)、中小水力、バイオマスといった全ての再生可能エネルギーを利用した発電所の開発案件について、バラエティに富んだ豊富な経験を有しております。

パンフレットダウンロードへ

電力/ガス:弁護士等

一覧へ

電力/ガス:特集

電力/ガス:ニュースレター

ENERGY & INFRASTRUCTURE BULLETIN発電側基本料金の導入とプロジェクトファイナンス案件への影響
ENERGY & INFRASTRUCTURE BULLETIN海洋生可能エネルギー発電設備の整備に係る海域の利用の促進に関する法律案
ENERGY & INFRASTRUCTURE BULLETIN上場インフラファンドの最新動向

一覧へ

電力/ガス:ニュース

メディア
市村 拓斗弁護士の記事が、電気新聞3面『 [寄稿・どう変わる電気事業者の実務](12)』と題した記事に掲載されました
メディア
市村 拓斗弁護士の記事が、電気新聞3面『 [寄稿・どう変わる電気事業者の実務](11)』と題した記事に掲載されました
メディア
市村 拓斗弁護士の記事が、電気新聞3面『 [寄稿・どう変わる電気事業者の実務](10)』と題した記事に掲載されました
メディア
市村 拓斗弁護士の記事が、電気新聞3面『 [寄稿・どう変わる電気事業者の実務](9)』と題した記事に掲載されました
メディア
市村 拓斗弁護士の記事が、電気新聞3面『 [寄稿・どう変わる電気事業者の実務](8)』と題した記事に掲載されました

一覧へ

電力/ガス:セミナー・講演

2018年10月10日外部セミナー
『事業者・金融機関双方の視点から解説 発電事業のプロジェクトファイナンス~最新実務を踏まえたリスク分析と契約実務上の勘所~』
2018年8月17日外部セミナー
『第3700回金融ファクシミリ新聞社セミナー「プロジェクトファイナンスの実務~発電所プロジェクトの最新実務動向や法改正の影響も踏まえて~」』
2018年7月30日外部セミナー
『バランシング・グループのメリットとデメリット~今後の制度改革を見越した、正しいBGの選び方~』
2018年5月15日外部セミナー
『洋上風力発電事業を円滑に進める実践的なノウハウとポイント~技術・契約・ファイナンス・法改正・送電の横断的見地から~』
2018年5月14日外部セミナー
『法律講座で学ぶ 顧客を取り巻く規制や制度』

一覧へ

電力/ガス:著書・論文

論文
「改正 省エネ法案 〜サプライチェーン連携で効率化を促進〜」
雑誌 論文
「Project Finance Report 2018- Myanmar」
雑誌 論文
「<新春企画 企業法務 テーマ別 2018年の展望>エネルギー・環境 電力システム改革・パリ協定 今後の動向に注目」
雑誌 論文
「ガス・電力自由化で相互参入・異業種提携に注目」
雑誌 論文
「連系線の利用ルール(後編) 経過措置が焦点 PPA見直しは必須」

一覧へ

電力/ガス:法務トピックス

【資源エネルギー庁】2040年、太陽光パネルのゴミが大量に出てくる?再エネの廃棄物問題
【経済産業省】総合資源エネルギー調査会 電力・ガス事業分科会 電力・ガス基本政策小委員会(第10回)‐配布資料
【資源エネルギー庁】電力・ガス産業の大きな成長ポテンシャル~グローバル化
事業計画策定ガイドライン(バイオマス発電)改正案に関するパブリックコメントについて
事業計画策定ガイドライン(水力発電)改正案に関するパブリックコメントについて

一覧へ