電力/ガス

電力・ガスシステム改革下で激変するビジネス環境の中、最先端の情報・豊富な取引経験に基づくリーガル・サービスを提供します。

 2012年以降、電力・ガスの分野では、再生可能エネルギー電気の全量固定価格買取制度の導入と見直し、電力システム改革(広域的運営推進機関の設立、小売自由化、発送電分離)、ガスシステム改革(小売事業化、導管分離)が進められ、ビジネス環境が激しく変動しています。

 当事務所では、資源エネルギー庁(再生可能エネルギー推進室、電力・ガス事業部電力改革推進室)、広域的運営推進機関、原子力損害賠償・廃炉等支援機構、電力会社や商社、主要金融機関への弁護士の出向等を通じて、再生可能エネルギー発電事業に関する実務運用、電力・ガスシステム改革に関する制度設計・改正法整備、各種プロジェクトにおける実務感覚や留意点に関する知見、情報、経験を蓄積しています。

 また、当事務所では、電力分野、ガス分野とも、各種プロジェクトについて、スポンサー、事業者、金融機関、EPC業者等のプロジェクト関係当事者等、様々な当事者を代理して、豊富な関与実績を有しております。
特に電力分野においては、石炭、LNG等の火力発電プロジェクトのほか、太陽光、風力、地熱(フラッシュ、バイナリ)、中小水力、バイオマスといった全ての再生可能エネルギーを利用した発電所の開発案件について、バラエティに富んだ豊富な経験を有しております。

電力/ガス:弁護士等

一覧へ

電力/ガス:特集

電力/ガス:ニュースレター

ENERGY & INFRASTRUCTURE BULLETIN水道の基盤強化を図るための改正水道法の成立
ENERGY & INFRASTRUCTURE BULLETIN太陽光発電の未稼働案件対応に係る新ルールの公表
ENERGY & INFRASTRUCTURE BULLETIN海洋再生可能エネルギー発電設備の整備に係る海域の利用の促進に関する法律の成立

一覧へ

電力/ガス:ニュース

受賞等
asialaw PROFILESの"Asialaw Leading Lawyers 2020"にて高い評価を得ました
メディア
伊藤 憲二 弁護士、市村 拓斗 弁護士のコラムが、電気新聞3面『電気事業と独禁法(1) 概略』と題した記事に掲載されました
メディア
篠原 孝典 弁護士のコラムが、電気新聞3面『電気事業と民法・消費者法(5) 消費者契約法の改正』と題した記事に掲載されました
メディア
篠原 孝典 弁護士のコラムが、電気新聞3面『電気事業と民法・消費者法(4) 他の主な改正事項』と題した記事に掲載されました
メディア
篠原 孝典 弁護士のコラムが、電気新聞3面『電気事業と民法・消費者法(3) 定型約款②』と題した記事に掲載されました

一覧へ

電力/ガス:セミナー・講演

2019年12月13日外部セミナー
『基礎から学ぶ発電プロジェクトの契約実務』
2019年12月12日外部セミナー
『発電事業のプロジェクトファイナンスにおけるリスク分析と契約実務の勘所』
2019年11月7日外部セミナー
『民法改正と建設・設計契約の実務~改正の概要と契約交渉への影響』
2019年10月30日外部セミナー
『EPC契約・建設請負契約の理論と実務~国内プロジェクトファイナンス案件を念頭に、基礎から契約交渉・管理、民法改正による影響まで実践的に解説~』
2019年9月17日外部セミナー
『洋上風力発電プロジェクトの規制と実務の最新動向~豊富な実績に基づき他では聞けない実践的なノウハウを解説~』

一覧へ

電力/ガス:著書・論文

書籍
『インフラ投資 ― PPP/PFI/コンセッションの制度と契約・実務』
論文
「再エネ・インフラ投資のリスク(5)瑕疵・欠陥リスク」
論文
「再エネ・インフラ投資のリスク(4)建設・完工リスク」
雑誌 論文
「JAPAN OFFSHORE WIND – race for offshore wind」
論文
「再エネ・インフラ投資のリスク(1)どんなリスクがあるか」

一覧へ

電力/ガス:法務トピックス

【資源エネルギー庁】総合資源エネルギー調査会 基本政策分科会 持続可能な電力システム構築小委員会(第2回)
【資源エネルギー庁】「再生可能エネルギー発電事業計画の認定における設備の設置場所について」の更新について
【経済産業省】バイオマス持続可能性ワーキンググループ 中間整理
【資源エネルギー庁】総合資源エネルギー調査会 基本政策分科会 持続可能な電力システム構築小委員会(第1回)
【資源エネルギー庁】FIT制度における太陽光発電の未稼働案件への新たな対応に、系統連系工事着工申込みに係る詳細運用及び手続方法とよくある質問を更新しました

一覧へ