カンボジア法務

最新の法律及び実務に関する深い理解を背景に、幅広いカンボジア案件に対応できる体制を整えています。

 当事務所は、2012年にシンガポールオフィス、2013年にはMHMバンコクデスク(2015年にオフィス開設)、2014年にはヤンゴンオフィスを開設し、豊富なクロスボーダー案件の経験を活かしてアジア各国における様々な案件についてのリーガル・サポートを提供しています。

 当事務所の眞鍋佳奈弁護士は、カンボジア司法省においてリーガルアドバイザーを務めた経験があり、カンボジアの法制度に深い知識を有しています。また、当事務所は、カンボジア政府に対するカンボジア投資法・経済特区法に関するアドバイスを行った経験を有しており、カンボジアに対する外国投資についての最新の法令・実務に通暁しています。

 このような経験・知識を生かし、当事務所は、多数の日本企業によるカンボジア進出・買収・投資案件に関与しており、カンボジア案件に関する豊富な経験を有しています。
 

パンフレットダウンロードへ

カンボジア法務:弁護士等

一覧へ

カンボジア法務:ニュースレター

MHM Asian Legal InsightsMHM Asian Legal Insights 第3号(2012年5月号)
【今月のトピック】
インド・ASEAN・ベトナム

一覧へ

カンボジア法務:セミナー・講演

2018年9月6日外部セミナー
『海外投資実務講座 ―ASEAN進出編―~海外進出の実務 法務・労務編-東南アジア進出前にしっておくべきこと~』
2014年5月15日外部セミナー
『JETRO・ASEAN知財動向報告会』
2013年3月6日外部セミナー
『JETRO東南アジア知財ネットワーク ASEAN知財セミナー 「ASEAN諸国における未登録知的財産の保護等」』
2012年11月9日事務所主催オープンセミナー
『東南アジアにおける知財戦略/最新の基礎知識と実務上の留意点』

一覧へ

カンボジア法務:著書・論文

雑誌 論文
「①アセアンにおける実用新案/小特許に関する制度の調査、②アセアンにおけるインターネット上での知財侵害商品の流通についてのISP責任に関する制度の調査 」
雑誌 論文
「①ASEANにおける特許権、意匠権、商標権などの産業財産権登録に拠らない発明、意匠、商標の保護に関する調査、②ASEANにおける知的関連判決へのアクセス性に関する調査、③ASEANにおけるドメイン・ネーム制度に関する調査」

一覧へ

カンボジア法務:法務トピックス

制度・手続-外国知的財産権情報-各国情報-カンボジア 特許の付与円滑化に関する協力(CPG)
カンボジアで特許が取得しやすくなります
「メコン産業開発ビジョン」を策定しました

一覧へ