IT

広汎な関連法律の知識と豊富な経験、柔軟な思考で、ITビジネスの実現・発展を力強くサポートします。

 ITビジネスは、アイデアを発案してから実現するまでのスピードが重要です。限られた時間の中で、ビジネス・スキームを詰め、パートナーとの交渉を行い、必要に応じて資金を集め、あわせて法的な検討も進めなければなりません。ところが、新しい発想・領域のビジネスであればあるほど、先例のない論点や、思わぬ法規制が問題となるなど、予期しなかった支障にぶつかることが珍しくありません。加えて、今日、IT関連領域の法律やガイドライン等の制定・改正は非常に頻繁に行われており、それらをふまえた最先端の実務に通じていなければ、的確なアドバイスを行うことができません。さらに、技術的な進歩にも鋭敏な感覚を持っていなければなりません。

 これらの課題を解決して、ITビジネスを法的にリードし、確実な実現・発展に導くためには、当分野に関する広汎な知識、豊富な経験、そして柔軟な思考を併せ持つことが必要です。当事務所では、インターネットが普及し、IT産業が著しい拡大を遂げた黎明期から、これらの条件を備えた弁護士が常に最先端の実務に携わり、さまざまなビジネスをサポートしてきました。また、大企業からスタートアップ企業まで、あらゆるステージ・業界の企業からの依頼に応えてきました。そこで培われた豊富な実績・経験・ノウハウは、一朝一夕に備えられるものではありません。当事務所は、これらの強みを活かし、引き続きITビジネスの実現・発展を力強くサポートしていきます。

パンフレットダウンロードへ

IT:弁護士等

一覧へ

IT:ニュースレター

HEALTHCARE NEWSLETTER次世代医療基盤法とビッグデータ活用をめぐる動向
MHM INTELLECTUAL PROPERTY NEWSLETTERMHM INTELLECTUAL PROPERTY NEWSLETTER 2017年3月号(Vol. 8)

一覧へ

IT:ニュース

事務所関連情報
増島 雅和 弁護士が衆議院経済産業委員会において参考人として意見陳述・答弁を行いました
受賞等
The Ninth Edition of Best Lawyers in Japanにて高い評価を得ました
メディア
増島 雅和 弁護士の記事が、日経ヴェリタス51面『ICOについて教えて―仮想通貨で手軽に調達、投資は要注意です(ヴェリーが答えます)』と題した記事に掲載されました
メディア
増島 雅和 弁護士に関する記事が、日本経済新聞夕刊1面『弁護士 新ビジネス担う、宇宙開発・フィンテック』および日本経済新聞電子版『仮想通貨から宇宙まで、ニュービジネス担う弁護士』と題した記事に掲載されました
メディア
増島 雅和 弁護士のコメントが、日本経済新聞7面『キャッシュレス社会の足音(中)スマホ決済、根付くか―強い現金信仰や規制が壁』と題した記事に掲載されました

一覧へ

IT:セミナー・講演

2018年6月12日外部セミナー
『インターネットビジネスの著作権ー平成30年改正著作権法案の解説、将来の展望』
2018年6月5日外部セミナー
『インターネットビジネスの著作権ーUGC、CGM、二次創作と著作権』
2018年5月29日外部セミナー
『インターネットビジネスの著作権ーSNS、キュレーションサービスと著作権』
2018年5月22日外部セミナー
『インターネットビジネスの著作権ー各種eコマースビジネスと著作権』
2018年4月28日外部セミナー
『二次創作について、最近の著作権問題について』

一覧へ

IT:著書・論文

雑誌 論文
「IT化による民事裁判の未来像」
論文
「【解説】InsurTech(インシュアテック)とは?概要と法的問題」
雑誌 論文
「ヘルスケア関連企業が留意すべき健康・医療ビッグデータ活用の最新動向」
書籍
『ビジネス法体系 知的財産法』
雑誌 論文
「EUで進むデータポータビリティ権、導入の背景と日本における動向」

一覧へ

IT:法務トピックス

【経済産業省】「生活製品におけるIoT等のデジタルツールの活用による生活の質の向上に関する研究会」報告書を取りまとめました
【経済産業省】スマート製造分野の国際標準化に関する日独共同文書を取りまとめました
【総務省】情報開示分科会報告書(案)に対する意見募集
【総務省】「地方公共団体が保有するパーソナルデータの効果的な活用のための仕組みの在り方に関する検討会報告書」の公表
【総務省】電気通信事業法施行規則等の一部を改正する省令案等に対する意見募集

一覧へ