個人情報保護/プライバシー

専門性と豊富な経験を有する弁護士が、個人情報の利活用やトラブル対応を的確にサポートします。

 従来型のダイレクト・マーケティングからビッグデータの活用まで、今や、個人情報の収集・分析能力は、多くの企業の競争力に直結する重要な要素となっています。また、インターネット上の多くのサービスでは、ユーザーに個人情報を入力させたり、ユーザーの行動履歴を記録したりすることを不可欠の内容としています。他方で、世界的なプライバシー意識の高まりを背景に、個人情報の取扱いに関する法律・ガイドライン等のルールが策定・改正される一方で、新たな利活用のアイデアも次々と生み出される状況にあり、「できること」と「できないこと」の線引きが難しい場面が増えています。さらに、個人情報の漏えい、プライバシーの侵害、ネットにおける炎上等の事件が企業に及ぼす衝撃も、年を追うごとに巨大化しています。

 当事務所では、個人情報の取扱いやプライバシーの問題に精通した弁護士が、これらの場面で的確なアドバイスを提供し、企業の事業活動や危機管理をサポートしています。

パンフレットダウンロードへ

個人情報保護/プライバシー:弁護士等

一覧へ

個人情報保護/プライバシー:ニュースレター

HEALTHCARE NEWSLETTER次世代医療基盤法とビッグデータ活用をめぐる動向

一覧へ

個人情報保護/プライバシー:ニュース

メディア
岡田 淳 弁護士のインタビューが、株式会社日本政策投資銀行の発行する季刊 DBJ『データ利活用促進に向けた法制度設計の現状』と題した記事に掲載されました
メディア
岡田 淳 弁護士のコメントが、日本経済新聞11面『農業×法務の時代到来、IT化などで新たなリスク、データ保護に指針』と題した記事に掲載されました
メディア
増島 雅和 弁護士のインタビューが、NECのメディアwisdomの『「犯罪収益移転防止法」の施行規則改正が金融サービスに与えるインパクトとは?』と題した記事に掲載されました
メディア
岡田 淳 弁護士のコメントが、日経新聞13面『適切な契約結び企業データ保護、経産省が指針、目的や範囲など、AI、開発段階ごとに結ぶモデル』と題した記事に掲載されました
メディア
増島 雅和 弁護士のコメントが、週刊エコノミスト(5/22号)『価値観変わる潮目のシリコンバレー 深まる中央集権モデルへの懐疑』と題した記事に掲載されました

一覧へ

個人情報保護/プライバシー:セミナー・講演

2019年4月8日外部セミナー
『GDPR対応の最新実務(雛形解説付)と主要国データ保護規制の最新動向』
2019年3月8日外部セミナー
『eプライバシー規則の制定に向けた動向』
2019年3月8日外部セミナー
『米国プライバシー法に関するコンプライアンス対応セミナー』
2019年2月28日事務所主催セミナー
『米国における個人データ保護の最新実務セミナー』
2019年2月27日外部セミナー
『Global trends in data privacy including GDPR, and how they affect Japanese companies』

一覧へ

個人情報保護/プライバシー:著書・論文

雑誌 論文
「データの利活用とデータ主体への配慮」
雑誌 講演録
「東京大学未来社会協創推進本部・政策ビジョン研究センターシンポジウム 「データ利活用のための政策と戦略」(下)」
雑誌 講演録
「東京大学未来社会協創推進本部・政策ビジョン研究センターシンポジウム 「データ利活用のための政策と戦略」(上)」
雑誌 論文
「「個人情報の保護に関する法律に係るEU域内から十分性認定により移転を受けた個人データの取扱いに関する補完的ルール」の概要」
論文
「Getting the Deal Through - Cloud Computing 2019 - Japan Chapter」

一覧へ

個人情報保護/プライバシー:法務トピックス

【法務省】平成30年における「人権侵犯事件」の状況について(概要)~法務省の人権擁護機関の取組~
【個人情報保護委員会】英国のEU離脱に係る対応について
【個人情報保護委員会】平成31年3月27日正午から、特定個人情報の漏えい事案等の報告方法が変更になります。
【個人情報保護委員会】平成31年3月27日正午から、個人データの漏えい等事案の報告方法が変更になります。
【個人情報保護委員会】英国のEU離脱について

一覧へ