M&A/企業再編

M&Aを成功に導き、依頼者のニーズを実現するため、最先端の知識と豊富な経験、創造力を駆使していきます。

 当事務所は、国内外のあらゆる種類・分野のM&A、組織再編、企業提携等を取り扱っており、戦略立案、ストラクチャリング、デュー・ディリジェンス、契約交渉、取引実行、関係当局との折衝等について、戦略的・実践的なリーガル・アドバイスを提供しています。また、具体的に案件を処理していく上では、会社法、金融商品取引法、ファイナンス、独占禁止法、税法、知的財産権、労働法、倒産法、訴訟、各種業法等の専門家とチームを組成することで、依頼者のニーズに応じた総合的なサービスの提供を行っています。

 当事務所は、大規模かつ難度の高い案件に数多く関与するとともに、企業買収法制に係る立法過程に深く携わることにより、常に最先端のノウハウを創造、蓄積し、また、様々な機会・場所で積極的に提言を行ってきました。これらの活動を通じて、当事務所は、関係機関、証券取引所、学者、各種専門家等との間でも強い信頼関係を構築しております。当事務所は、今後も、わが国におけるM&Aのリーディング・ファームとして、M&A実務の発展に尽力していきます。

M&A/企業再編:弁護士等

一覧へ

M&A/企業再編:ニュースレター

TAX LAW NEWSLETTER改正産業競争力強化法上の自社株対価M&Aと税制優遇措置の活用
CAPITAL MARKETS BULLETINフェア・ディスクロージャー・ルールガイドラインの制定
CAPITAL MARKETS BULLETINフェア・ディスクロージャー・ルールの全体像 ~平成29年12月27日公布の政府令及びパブリックコメント回答を踏まえて~

一覧へ

M&A/企業再編:ニュース

メディア
小山 浩 弁護士のインタビューが、M&A Online『M&Aで増える申告漏れ どう対処すべきか 小山浩弁護士に聞く』と題した記事に掲載されました
メディア
射手矢 好雄 弁護士、池田 毅 弁護士のコメントが、日本経済新聞『国際M&A、中国当局の壁 クアルコムの買収承認せず』と題した記事に掲載されました
受賞等
Mergermarket Inaugural Japan M&A Awardsにて受賞しました
受賞等
Financial Times紙によるアジア太平洋に本拠地を有する法律事務所のランキングにおいて10位に選ばれるとともに、コーポレート分野、ファイナンス分野およびプロボノ活動において高い評価を得ました
受賞等
桑原 聡子 弁護士がIFLR1000 Women Leaders 2018において日本を代表する女性弁護士に選ばれました

一覧へ

M&A/企業再編:セミナー・講演

2018年10月4日事務所主催セミナー
【追加開催】『税務・法務担当者のための税務調査の最新動向』
2018年10月2日外部セミナー
『好評につき再度開催決定! フェア・ディスクロージャー・ルールを踏まえた情報管理規程の改訂等の実務対応 ~ディスクロージャー・ポリシーや情報管理規程等の見直しと株主総会・決算説明会での実務対応のポイント~』
2018年9月27日事務所主催セミナー
『税務・法務担当者のための税務調査の最新動向』
2018年9月27日外部セミナー
『「フェア・ディスクロージャー・ルール」に対応した情報管理規程等、社内体制の整備と実務のポイント~ポリシーの改定、規程の見直し、ガイドライン・マニュアルの整備から、決算説明会・株主総会での留意点まで~』
2018年9月25日事務所主催セミナー
大阪ビジネスロー研究会(第49回)『M&A実務の最前線』

一覧へ

M&A/企業再編:著書・論文

書籍 論文
『変わるM&A』
書籍 その他
『成長と承継のための PEファンド活用の教科書』
論文
「Chambers Global Practice Guides Corporate M&A 2019 - Japan Chapter」
雑誌 論文
「企業結合審査対応の最新実務(1)企業結合審査対応の概要」
雑誌 論文
「<企業買収実務研究会>[企業買収実務研究会報告(19)]わが国におけるイベント・ドリブン型CVR導入の可否(下)-M&Aにおける企業価値評価の困難性への対処-」

一覧へ

M&A/企業再編:法務トピックス

【経済産業省】海外M&Aワークショップを開催します 東京、大阪、福岡での開催
国際競争力強化に向けた日本企業の法務機能の在り方研究会(第1回)‐配布資料(2018/1/25開催)
「経営者保証に関するガイドライン」Q&Aの一部改定について
「事業会社と研究開発型ベンチャー企業の連携のための手引き(初版)」をとりまとめました

一覧へ