外部セミナー終了
『ライツ・オファリングの新展開 ~「行使価額ノンディスカウント型」や「一部コミットメント型」など新手法の登場~』

セミナー概要

開催日時 2018年4月24日(火)  13:30~16:30
講師等 根本 敏光
会場 金融財務研究会本社 グリンヒルビル セミナールーム
会場住所 東京都中央区日本橋茅場町1-10-8
イベント主催 金融財務研究会
業務分野 コーポレート・ガバナンス業務全般 金融関連規制 キャピタル・マーケッツ
備考

詳細

 既存株主の利益の保護を重視したエクイティファイナンス手法として注目を浴びたライツ・オファリングですが、平成26年10月の東証の新株予約権の上場基準の見直しを受け、その後の利用例は1件のみと低迷していました。そんな中、およそ2年ぶりとなる平成29年7月よりが実施され、さらに平成30年1月にはフージャースホールディングスによる一部コミットメント型ライツ・オファリングの実施が公表されるなど、ライツ・オファリングの新たな展開に注目が集まっております。
 エー・ディー・ワークスの事案は、東証の上場基準見直し後2例目かつ割当通知の期限に関する会社法改正後初となるライツ・オファリングの事案であるとともに、「行使価額ノンディスカウント型」という新しいスキームを採用しており、同社は、株価の下落なしに、時価総額の約45%に相当する資本調達に成功しています。本スキームは、ライツの行使価額を普通株式の時価と同額に設定することにより(ノンディスカウント型)、発行価額のディスカウントによる調達資金の目減りも既存株主の株式価値の希薄化も生じることがなく、また、引受手数料の支払いもなしに、最大で時価総額と同額の資本調達が可能となる点で、非常に効率的な資本調達が可能となります。また、ディスカウントがないため、株価にも既存株主の株式価値にも影響を及ぼすことがなく、新しいファイナンス手法として、資金調達戦略に悩む上場企業や市場関係者の注目を集めています。
 講師は、エー・ディー・ワークスのリーガル・カウンセルとして、ノンディスカウント型ライツ・オファリングの実施に係る法律上及び実務上の諸問題について、全面的なサポートを行い、また、発行会社や市場関係者と様々な課題について議論を行い、実務上の解決策を提案してまいりました。
 そこで本講演では、かかる経験を有する講師が、平成26年の東証上場基準の見直し及び割当通知の期限に関する会社法改正を経た新しい枠組みにおけるライツ・オファリングのスケジュール、手続き、留意点等について解説するとともに、行使価額ノンディスカウント型ライツ・オファリングなど新しいライツ・オファリング手法の特徴と仕組み、実施に際しての法律上、実務上の重要ポイントや留意点を中心に、分かりやすく解説いたします。

1.ライツ・オファリングの概要
2.平成26年東証の新株予約権上場基準の見直し
3.割当通知の期限に関する会社法改正
4.改正後のライツオファリングのスケジュールと実務上の留意点
5.行使価額ノンディスカウント型ライツオファリングの特徴と仕組み
 (1) 従来のライツオファリングの弱点
   ~真の意味の希薄化の排除とは~
 (2) 「ノンディスカウント型」の意義
 (3) 株価も下がらず時価総額も目減りしない資本調達が可能な理由
 (4) ライツの行使の確保
   ~株主還元とエクイティストーリー~
6.ノンディスカウント型ライツオファリングにおける法的論点
7.ノンディスカウント型ライツオファリングにおける実務上の論点
8.一部コミットメント型ライツ・オファリングの登場
9.質疑応答/ディスカッション

コーポレート・ガバナンス業務全般:セミナー・講演

2018年9月5日外部セミナー
『第3703回 日本版司法取引導入により問われる企業の不正・不祥事対応(有事・平時)-制度の基礎的理解から米国制度との比較まで-』
2018年7月25日外部セミナー
『株主アクティビズムの最前線~総会シーズンの振り返りからM&Aアクティビズムまで~』
2018年7月25日外部セミナー
『日本版司法取引(2018年6月施行)~制度の全容、検察庁による運用、よくある誤解、ケーススタディを踏まえ会社を守るために今から準備しておくべきこと~』
2018年7月23日外部セミナー
『不祥事防止に向けた企業グループ内部統制システムの確立策-構築から監視・監督までの実効性のあるベストプラクティスを-』
2018年7月19日外部セミナー
『株主代表訴訟、役員責任追及訴訟の最新動向~改正会社法も踏まえ、企業不祥事の予防・対応を視野に入れる~』

一覧へ

金融関連規制:セミナー・講演

2018年10月10日外部セミナー
『事業者・金融機関双方の視点から解説 発電事業のプロジェクトファイナンス~最新実務を踏まえたリスク分析と契約実務上の勘所~』
2018年8月17日外部セミナー
『第3700回金融ファクシミリ新聞社セミナー「プロジェクトファイナンスの実務~発電所プロジェクトの最新実務動向や法改正の影響も踏まえて~」』
2018年7月18日外部セミナー
『大量保有報告制度の法的知識と実務上の留意点 ―基礎概念から変更報告書の提出の要否の判断基準、報告書作成要領、取引類型・保有形態別の留意点まで徹底解説―』
2018年7月17日外部セミナー
『民法改正が保険実務に与える影響~業務・取引ごとの改正のポイントと実務対応~』
2018年7月11日外部セミナー
『フェア・ディスクロージャー・ルールの詳解と実務対応 -ディスクロージャー・ポリシーや情報管理規程等の見直しと実務対応-』

一覧へ

キャピタル・マーケッツ:セミナー・講演

2018年7月18日外部セミナー
『大量保有報告制度の法的知識と実務上の留意点 ―基礎概念から変更報告書の提出の要否の判断基準、報告書作成要領、取引類型・保有形態別の留意点まで徹底解説―』
2018年7月11日外部セミナー
『フェア・ディスクロージャー・ルールの詳解と実務対応 -ディスクロージャー・ポリシーや情報管理規程等の見直しと実務対応-』
2018年7月3日外部セミナー
『フェア・ディスクロージャー・ルールを踏まえた情報管理規程の改訂等の実務対応 ~ディスクロージャー・ポリシーや情報管理規程等の見直しと株主総会・決算説明会での実務対応のポイント~』
2018年7月3日外部セミナー
『戦略的観点から選択されるコーポレート・ファイナンス最新実務 ―新株予約権・CBによる第三者割当型ファイナンス、新型ライツオファリングをはじめ最新手法を徹底検証―』
2018年6月11日外部セミナー
『好評により再々講演決定!株主総会直前 フェア・ディスクロージャー・ルールの詳細と実務対応~株主総会・決算説明会等での対応、ディスクロージャーポリシーの改訂などの実務対応も徹底解説~』

一覧へ

根本 敏光:セミナー・講演

2018年7月18日外部セミナー
『大量保有報告制度の法的知識と実務上の留意点 ―基礎概念から変更報告書の提出の要否の判断基準、報告書作成要領、取引類型・保有形態別の留意点まで徹底解説―』
2018年7月11日外部セミナー
『フェア・ディスクロージャー・ルールの詳解と実務対応 -ディスクロージャー・ポリシーや情報管理規程等の見直しと実務対応-』
2018年7月3日外部セミナー
『フェア・ディスクロージャー・ルールを踏まえた情報管理規程の改訂等の実務対応 ~ディスクロージャー・ポリシーや情報管理規程等の見直しと株主総会・決算説明会での実務対応のポイント~』
2018年7月3日外部セミナー
『戦略的観点から選択されるコーポレート・ファイナンス最新実務 ―新株予約権・CBによる第三者割当型ファイナンス、新型ライツオファリングをはじめ最新手法を徹底検証―』
2018年6月11日外部セミナー
『好評により再々講演決定!株主総会直前 フェア・ディスクロージャー・ルールの詳細と実務対応~株主総会・決算説明会等での対応、ディスクロージャーポリシーの改訂などの実務対応も徹底解説~』

一覧へ