特集:洋上風力発電

特集:洋上風力発電

当事務所の洋上風力発電プロジェクトへの取り組みをご紹介します。

秋田県秋田港及び能代港における洋上風力発電プロジェクト

秋田洋上風力発電株式会社(以下「AOW」といいます。)は、秋田県秋田港および能代港において、日本国内で初の商業ベースでの大型洋上風力発電事業となる着床式洋上風力発電所および陸上送変電設備(以下、洋上風力発電所)の建設・保守・運転を行うプロジェクト(以下「本プロジェクト」といいます。)を実施することを決定し、2020年2月3日、本プロジェクトに関わる融資契約を締結(以下「本融資」といいます。)しました。

AOWは、丸紅株式会社、株式会社大林組、東北自然エネルギー株式会社、コスモエコパワー株式会社、関西電力株式会社、中部電力株式会社、株式会社秋田銀行、大森建設株式会社、株式会社沢木組、協和石油株式会社、株式会社加藤建設、株式会社寒風および三共株式会社が共同で出資する、洋上風力発電所の建設・運営事業等を目的とする特別目的会社です。

本プロジェクトは、発電容量約14万kWの洋上風力発電所を建設・保守・運転し、完工後20年間にわたり再生可能エネルギーの固定価格買取制度に基づき東北電力株式会社に売電するものです。本融資は、国内外の金融機関による協調融資で組成される日本国内で初の洋上風力発電事業向けプロジェクトファイナンスです。

森・濱田松本法律事務所は、開発可能性調査段階からAOWの法務カウンセル、並びに、プロジェクトファイナンス組成における借入人・スポンサー側カウンセルとして、本プロジェクトに関与し、主に以下の業務を提供して参りました。

●本プロジェクトの契約スキームに関する検討
●許認可の取得、行政当局・地元関係者との協議の支援
●プロジェクト関連契約の作成・レビュー
●プロジェクトファイナンスの融資関連契約の作成・レビュー
●AOWの法律顧問業務
●その他、本プロジェクトに関する法的問題に関する検討

森・濱田松本法律事務所は、再生可能エネルギー発電事業やそのプロジェクトファイナンスの分野において、先進的な案件に取り組み、経験を蓄積して参りました。将来的に主力電源の一翼を担うと期待される洋上風力発電に関しても、当分野における豊富な経験の活用、海外知見の吸収、わが国の実情に即した実務の検討を積み重ね、案件受任体制を整備しております。今後も、日本国内で初の商業ベースでの大型洋上風力発電事業である本プロジェクトに関与した経験を活かし、関係事業者の皆様や関係当局と連携しつつ、わが国の洋上風力発電の発展に貢献して参ります。

本プロジェクト概要

事業会社              秋田洋上風力発電株式会社(代表者:代表取締役社長 岡垣啓司)
所在地                 秋田県秋田市、能代市(港湾区域を含む)
発電容量              約14万kW
総事業費              約1,000億円
発電形態              着床式洋上風力
売電先                 東北電力株式会社
運転開始              2022年(予定)
売電期間              20年間

担当弁護士等

(プロジェクト/プロジェクトファイナンス)
岡谷 茂樹村上 祐亮野間 裕亘久保 圭吾森 勇貴大木 健輔瀬戸 幸之助ジェニファー・リム安達 知彦

(電気事業法その他の規制・コンプライアンス)
市村 拓斗高田 和佳

(コーポレート/会社法)
新井 朗司鈴木 信彦南谷 健太辻 純一小林 花梨

(通商法)
石本 茂彦

(競争法/独占禁止法)
伊藤 憲二加賀美 有人

(知的財産法)
岡田 淳

(労働法・出入国管理法)
荒井 太一安倍 嘉一

(税務)
酒井 真

関連情報

ニュース

ニュースレター

ENERGY & INFRASTRUCTURE BULLETIN 2018年12月
Vol.15 「海洋再生可能エネルギー発電設備の整備に係る海域の利用の促進に関する法律の成立」

ENERGY & INFRASTRUCTURE BULLETIN 2020年10月
Vol.22 「海洋におけるエネルギー・資源開発の諸問題(ファイナンス)」

ENERGY & INFRASTRUCTURE BULLETIN 2020年10月
Vol.23 「海洋におけるエネルギー・資源開発の諸問題(プロジェクト)」

※公開時時点の最新情報となりますので、ご了承ください。