2021年6月21日 事務所関連情報

当事務所は、社会課題の解決と持続的な経営の両立を目指す「ゼブラ企業」の増加と成長支援を実行する新会社の立ち上げをアドバイスしました

石田 幹人 弁護士、飯島 隆博 弁護士は、社会課題の解決と持続的な経営の両立を目指す「ゼブラ企業」の増加と成長支援を実行する株式会社Zebras and Company(以下Z&C)の発足に際し、そのリーガル・カウンセルを務めました。

「Zebra」は、「Unicorn startups」への行き過ぎた期待などへのリアクションとして2016年に米国西海岸で生まれた概念です。Z&Cの創業者3名は、「Zebra」という概念を推進する団体Zebras Uniteの東京チャプターとしてTokyo Zebras Uniteを2019年より運営し、「ゼブラ企業」という考え方の啓蒙、浸透を行ってきました。

このたび、Z&Cが約1億円の資金を調達し、本格的に営業を開始するに際し、当事務所は資金調達スキームを含め創業に際しての法的アドバイスを行いました。Z&Cは、今回の新会社設立により、啓蒙だけではなく、実事業として社会課題解決と持続的な経営を両立する「ゼブラ経営」の社会実装を目指すとのことであり、当事務所としても、社会課題解決のための様々な手法を引き続き支援する所存です。