ファイナンス

新規企業によるファイナンスを、経験豊かな弁護士が、最先端の知識・ノウハウに基づき、あらゆる側面からサポートします。

圧倒的な実績・経験と大規模事務所の総合力を活かし、日々進化する資本市場案件全般を強力にサポート。

最先端の金融取引において、幅広い法律知識及び取引経験に基づき、クリエイティブであると同時に、実践的な問題解決の方策を提供します。

近年の世界経済の激動の中で、金融取引は日々進化しています。

企業買収に必要な資金は、LBOファイナンス又は買収ファイナンスと呼ばれるファイナンス手法によって調達されています。

多様化する資産運用ニーズに対応するための様々な金融商品の組成・海外からの持込み等に関しては、近年、複雑化の一途をたどる金融規制への適合性等、高度に専門的な法的検討が不可欠のものとなっています。

様々な法分野が交錯する複雑なJ-REIT分野において、豊富な経験、高い専門性と事務所の総合力を最大限活用し、高品質のサービスを迅速に提供しています。

デリバティブ取引に関連するさまざまなリーガル・サービスを提供しています。

横断的・多角的な知識経験をもつ弁護士が、あらゆる形態の不動産投資・ファイナンス取引をサポートします。

法制度や業界情報に関する最新かつ広範な知見と、豊富な取引経験に裏付けられるプロジェクトへの深い洞察に基づき、総合的なリーガル・サービスを提供します。

航空機や船舶等のアセットベース・ファイナンスに関する様々な問題について、ワンストップで高品質のサービスを迅速に提供しています。

ファイナンス:弁護士等

一覧へ

ファイナンス:特集

ファイナンス:ニュースレター

STRUCTURED FINANCE BULLETINシンセティックLIBORに関する英国の状況と日本法準拠契約における考察
FINANCIAL REGULATION BULLETINシンセティックLIBORに関する英国の状況と日本法準拠契約における考察
BANKING BULLETINシンセティックLIBORに関する英国の状況と日本法準拠契約における考察

一覧へ

ファイナンス:ニュース

メディア
増田 雅史 弁護士のコメントが、日本経済新聞夕刊2面『暗号資産技術で金融商品 問われる投資家の「能力」』と題した記事に掲載されました
メディア
増田 雅史 弁護士のインタビューが、日本経済新聞電子版『暗号資産技術で金融商品 問われる投資家の「能力」』と題した記事に掲載されました
受賞等
asialaw Awards 2021にて受賞しました
受賞等
ALB Japan Law Awards 2021にて受賞しました
事務所関連情報
一橋パートナーズ法律事務所との包括業務提携のお知らせ

一覧へ

ファイナンス:セミナー・講演

2021年12月3日外部セミナー
『法定開示書類における「サステナビリティ」開示のポイント―改訂CGコード原則のポイントや具体的な記載例も紹介-』
2021年11月19日外部セミナー
『第4710回金融ファクシミリ新聞社セミナー「米国SPACの実務と日本でのSPACの活用」』
2021年11月18日外部セミナー
『STO(Security Token Offering)活用の実務~最新の実例と具体的な手法・ストラクチャー~』
2021年11月11日外部セミナー
『第4701回金融ファクシミリ新聞社セミナー「プロジェクトファイナンスの実務~発電所プロジェクトの最新実務動向や法改正の影響も踏まえて~」』
2021年11月9日~2021年12月10日外部セミナー
『上場企業エクイティ・ファイナンス実務基礎講座』

一覧へ

ファイナンス:著書・論文

雑誌 論文
「民法・不動産登記法(所有者不明土地関係)の改正等(後編)」
雑誌 論文
「日本版SPACの導入と課題」
雑誌 その他
「法令解説 民法・不動産登記法を改正し所有者不明土地の活用に道開く」
雑誌 論文
「「サステナビリティ」をめぐる改訂CGコード原則の解説と課題への取組み」
その他
「【解説】所有者不明土地対策3/不要な土地を国庫に[相続土地国庫帰属法など]」

一覧へ

ファイナンス:法務トピックス

【財務省】外国為替資金特別会計におけるESG投資について
【金融庁】「金融商品取引業者等向けの総合的な監督指針」、「金融サービス仲介業者向けの総合的な監督指針」の一部改正(案)の公表について
【金融庁】国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)への資金拠出に関するIFRS財団評議員会議長へのレター発出について
【金融庁】金融審議会「ディスクロージャーワーキング・グループ」(第1回) 議事次第
【金融庁】「サステナブルファイナンス有識者会議報告書」の公表について

一覧へ