ファイナンス

新規企業によるファイナンスを、経験豊かな弁護士が、最先端の知識・ノウハウに基づき、あらゆる側面からサポートします。

圧倒的な実績・経験と大規模事務所の総合力を活かし、日々進化する資本市場案件全般を強力にサポート。

最先端の金融取引において、幅広い法律知識及び取引経験に基づき、クリエイティブであると同時に、実践的な問題解決の方策を提供します。

近年の世界経済の激動の中で、金融取引は日々進化しています。

企業買収に必要な資金は、LBOファイナンス又は買収ファイナンスと呼ばれるファイナンス手法によって調達されています。

多様化する資産運用ニーズに対応するための様々な金融商品の組成・海外からの持込み等に関しては、近年、複雑化の一途をたどる金融規制への適合性等、高度に専門的な法的検討が不可欠のものとなっています。

様々な法分野が交錯する複雑なJ-REIT分野において、豊富な経験、高い専門性と事務所の総合力を最大限活用し、高品質のサービスを迅速に提供しています。

デリバティブ取引に関連するさまざまなリーガル・サービスを提供しています。

横断的・多角的な知識経験をもつ弁護士が、あらゆる形態の不動産投資・ファイナンス取引をサポートします。

法制度や業界情報に関する最新かつ広範な知見と、豊富な取引経験に裏付けられるプロジェクトへの深い洞察に基づき、総合的なリーガル・サービスを提供します。

航空機や船舶等のアセットベース・ファイナンスに関する様々な問題について、ワンストップで高品質のサービスを迅速に提供しています。

ファイナンス:弁護士等

一覧へ

ファイナンス:特集

ファイナンス:ニュースレター

ENERGY & INFRASTRUCTURE BULLETIN海洋におけるエネルギー・資源開発の諸問題(プロジェクト)
Client AlertClient Alert 2020年10月号(Vol.82)
ENERGY & INFRASTRUCTURE BULLETIN海洋におけるエネルギー・資源開発の諸問題(ファイナンス)

一覧へ

ファイナンス:ニュース

受賞等
IFLR1000’s thirtieth editionにて高い評価を得ました
受賞等
ALB Japan Law Awards 2020にて受賞しました
受賞等
asialaw Profilesによる"asialaw Leading Lawyers 2021"にて高い評価を得ました
受賞等
asialaw Profilesによる”asialaw Profiles 2021”にて高い評価を得ました
受賞等
Asia Business Law Journalにて当事務所の弁護士がJapan's top 100 lawyersに選ばれました

一覧へ

ファイナンス:セミナー・講演

2020年12月11日外部セミナー
『プロジェクトファイナンスの実務〜発電事業プロジェクトの最新動向とリスク分担のポイントを事業者・金融機関双方の視点で解説〜』
2020年12月7日外部セミナー
『改正金商法におけるセキュリティトークン及びSTO規制の全体像』
2020年11月27日外部セミナー
『第4388回金融ファクシミリ新聞社セミナー「ABL(債権・動産担保融資)と再生ファイナンスの実務上の留意点」』
2020年10月19日外部セミナー
『第4356回金融ファクシミリ新聞社セミナー「コンセッション事業のリスク分担に関する実務上のポイント」』
2020年9月29日外部セミナー
『Legal Environment for Islamic Social Finance』

一覧へ

ファイナンス:著書・論文

雑誌 論文
「コロナ禍における新たな資金調達の方法として注目 投資型クラウドファンディングに係る法規制と課題」
雑誌 論文
「<レギュレーション最前線>「実質的な「ルールベース」による証券モニタリング」
雑誌 論文
「暗号資産取引、STOとその不正」
雑誌 論文
「Current perspectives and development of Islamic Finance in Japan」
論文
「The Lending and Secured Finance Review 6th Edition - Japan Chapter」

一覧へ

ファイナンス:法務トピックス

【国土交通省】遊休不動産等再生に専門家派遣 物件の活用や資金調達などを後押し ~不動産証券化手法により、不動産の利活用等を検討する事業者を募集~
【金融庁】「国内運用会社の運用パフォーマンスを示す代表的な指標(KPI)に関する調査」 の公表について
【金融庁】「米国・ケイマン・ルクセンブルグ籍のオープンエンドファンドのパフォーマンス調査」の公表について
【証券取引等監視委員会】「開示検査事例集」の公表について
【経済産業省】TCFDガイダンス2.0が公表されました -気候関連財務情報開示の更なる進展に向けて-

一覧へ