プロボノプロジェクト

当事務所では、若手弁護士を中心としたチームとして法教育や難民支援活動などのプロボノプロジェクトに積極的に参加しています。

取り組み実績

以下は、プロボノプロジェクトの取組み実績の一例です。

■外資系大手金融機関と協力し、若手弁護士のチームが児童養護施設に所属する中高生に法教育を行い、好評を得ました。

■難民支援協会との連携により、若手弁護士を中心とするチームが、母国で迫害を受けたアフリカからの難民申請者の代理人となり、その申請手続を行いました。

■貧困等の困難な環境にある子供達のための英語教育キャンプに、外国人弁護士のチームが参加し、好評を得ました。

加えて、当事務所の弁護士は、Lawyers for LGBT and Allies (LLAN)に理事として参加するなど、個々人の多様性を尊重するための活動にも積極的に参加しております。

プロボノプロジェクト:ニュース

公益活動
箱田 英子 弁護士と山内 洋嗣 弁護士が2022年度キャリアデザインプログラム(第2回)に参加しました
公益活動
本嶋 孔太郎 弁護士、小林 美智 弁護士、佐藤 真澄 弁護士、鈴木 彬史 弁護士、石田 祐一郎 弁護士、川﨑 佑太 弁護士、森 琢真 弁護士が児童養護施設等で暮らす高校生等に法教育等を行うプログラムを実施しました
公益活動
当事務所は「JAR チャリティラン&ウォーク DAN DAN RUN 2022」のスポンサーを務めました
公益活動
塚田 智宏 弁護士、小林 美智 弁護士が、東京農業大学第二高等学校の高校生に法教育(講演)を行いました
公益活動
当事務所は、ブロックチェーン技術を用いて同性カップル向けを含む家族関係証明書を発行する一般社団法人Famiee(ファミー)によるNFTアート・チャリティ・オークションの実施に関し、法務面の整備・支援を行いました

一覧へ