ニュース

2018年

公益活動
柴田 久 弁護士が経済産業省大臣官房臨時専門アドバイザーに就任しました
メディア
小野寺 良文 弁護士のコメントが、日本経済新聞2面『中国知財裁判、改善アピール、二審を最高裁に一本化、権利保護、効果は不透明』と題した記事に掲載されました
受賞等
Chambers Asia Pacific 2019にて高い評価を得ました
受賞等
Chambers FinTech 2019にて高い評価を得ました
公益活動
当事務所がパートナーを務める難民支援協会から年次報告書が発行されました
メディア
岡田 淳 弁護士のコメントが、日本経済新聞11面『農業×法務の時代到来、IT化などで新たなリスク、データ保護に指針』と題した記事に掲載されました
事務所関連情報
太子堂 厚子 弁護士、渡辺 邦広 弁護士、河島 勇太 弁護士、松村 謙太郎 弁護士がウイリス・タワーズワトソンと共同で実施した、日米欧の時価総額上位企業における中長期インセンティブ(株式報酬等)の導入状況についての調査結果が公表されました
メディア
栗原 宏幸 弁護士のコメントが、2018年11月16日付Bloomberg BNAの「Japanese Bankers Fear Impact of Rules to Limit Interest Deductions」と題した記事に掲載されました
メディア
小野寺 良文 弁護士のコメントが、日本経済新聞14面『「三国志」海賊版、差し止め、コーエー、中国企業に勝訴』と題した記事に掲載されました
公益活動
石綿 学 弁護士が経済産業省「公正なM&Aの在り方に関する研究会」委員に就任しました
受賞等
Who's Who Legal: Japan 2018にて高い評価を得ました
メディア
増島 雅和 弁護士のインタビューが、NewsPicksの『【直言】保険会社が〝イケてる〟サブスク企業になれる「理由」』と題した記事に掲載されました
メディア
桑原 聡子 弁護士、市村 拓斗 弁護士のインタビューが、電気新聞3面『エネ事業を法律面で支援、公益的活動の知見生かす、多様な課題 チームで解決』と題した記事に掲載されました
受賞等
IFLR1000 FINANCIAL AND CORPORATE 2019にて高い評価を得ました
メディア
増島 雅和 弁護士のコラムが、日本経済新聞31面『弁護士増島雅和――スタートアップ投資は対等の精神で(私見卓見)』と題した記事に掲載されました
メディア
市村 拓斗 弁護士のコメントが、電気新聞1面『電力設備強靱性確保へ、議論進む 個別対策が今後の焦点に』と題した記事に掲載されました
受賞等
Who's Who Legal: Real Estate 2018にて高い評価を得ました
事務所関連情報
Khin Cho Kyi弁護士がヤンゴンオフィスの外部アドバイザーに就任いたします
メディア
本間 隆浩 弁護士のコメントが、日本経済新聞11面『法トーク M&A過程 合理的な説明を』と題した記事に掲載されました
メディア
山内 洋嗣 弁護士のコメントが、日本経済新聞11面『不正情報の把握 体制整備カギ、日本版司法取引制度導入から5ヵ月、通報窓口や監査拡充、報告者らの処遇課題』と題した記事に掲載されました