ニュース

コーポレート・ガバナンス

事務所関連情報
太子堂 厚子 弁護士、渡辺 邦広 弁護士、河島 勇太 弁護士、松村 謙太郎 弁護士がウイリス・タワーズワトソンと共同で実施した、日米欧の時価総額上位企業における中長期インセンティブ(株式報酬等)の導入状況についての調査結果が公表されました
受賞等
Who's Who Legal: Japan 2018にて高い評価を得ました
メディア
山内 洋嗣 弁護士のコメントが、日本経済新聞11面『不正情報の把握 体制整備カギ、日本版司法取引制度導入から5ヵ月、通報窓口や監査拡充、報告者らの処遇課題』と題した記事に掲載されました
メディア
石綿 学 弁護士のコラムが、日本経済新聞夕刊7面『役員退職慰労金制度の是非(十字路)』と題した記事に掲載されました
メディア
小松 岳志 弁護士のコメントが、日本経済新聞11面『法令の英訳1割どまり、10年目、遅れ国際化の壁に、海外企業から不満の声、法務省「要員確保で制約」』と題した記事に掲載されました
受賞等
Asia Law & Practice の Asialaw Profiles 2019 The Definitive Guide to Asia-Pacific's Leading Domestic and Regional Law Firms (23rd edition) にて高い評価を得ました
メディア
山内 洋嗣 弁護士のコメントが、2018年9月27日付MLexの「Corporate Japan may gain more from stronger whistleblower protections than resisting change」と題した記事に掲載されました
メディア
山内 洋嗣 弁護士のコメントが、2018年7月31日付MLexの「Japan's first plea-bargain case reveals a sharp new tool to ensure corporate compliance」と題した記事に掲載されました
メディア
澤口 実 弁護士のコメントが、日本経済新聞3面『緊迫総会、針路問う株主―経営力、対話する場に』と題した記事に掲載されました
メディア
小松 岳志弁護士と眞鍋 佳奈弁護士のコメントが、日本経済新聞11面『不正調査ニーズ、アジアで急増、日本企業、人権問題も火種に、法律事務所、拠点を強化』と題した記事に掲載されました
メディア
渡辺 邦広 弁護士のコメントが、日本経済新聞11面『実のある株主総会へ議論、提案制限も焦点に』と題した記事に掲載されました
受賞等
Financial Times紙によるアジア太平洋に本拠地を有する法律事務所のランキングにおいて10位に選ばれるとともに、コーポレート分野、ファイナンス分野およびプロボノ活動において高い評価を得ました
受賞等
The Ninth Edition of Best Lawyers in Japanにて高い評価を得ました
メディア
石綿 学 弁護士のコラムが、日本経済新聞夕刊7面『M&Aの対価としての自社株式』と題した記事において掲載されました
メディア
大石 篤史 弁護士のコメントが、週刊東洋経済51面(2018年2月24日号)『【第2特集】大反対押し切り新ルール導入 暴走する監査法人』と題した記事に掲載されました
メディア
石綿 学 弁護士のコラムが、日本経済新聞夕刊5面『アクティビスト株主とM&A(十字路)』と題した記事において掲載されました
受賞等
日本経済新聞の「企業法務・弁護士調査 2017年」において高い評価を得ました
受賞等
Asia Law & Practice の Asialaw Profiles 2018 The Guide to Asia-Pacific's Leading Domestic and Regional Law Firms にて高い評価を得ました
メディア
石綿 学 弁護士のコラムが、日本経済新聞夕刊5面『転換期を迎えた日本的雇用慣行(十字路)』と題した記事において掲載されました
メディア
内田 修平 弁護士、酒井 真 弁護士のコメントを、日本経済新聞12面『プライベート・エクイティファンドを活用した事業承継』と題した記事に掲載いたしました