金融関連争訟

金融に関する法務を通じて培った様々な知識・経験を有する弁護士が、案件ごとに最適のチームを編成し、金融取引や金融商品等に関連する訴訟等に多数携わってきた実績を基に、的確に訴訟追行や紛争処理に当たっています。

 当事務所は、銀行、信託銀行、証券会社・投資運用業者・投資助言業者等の金融商品取引業者、保険会社、サービサー等が当事者となる金融取引や金融商品等に関連する訴訟に多数携わってきた実績を有します。

 金融関連訴訟は、対象となる金融取引や金融商品が複雑になればなるほど、そのスキーム特性や商品性の十分な理解が不可欠となりますが、当事務所では、金融関連訴訟の代理、金融機関のコンプライアンスに関する助言、金融商品の組成・ドキュメンテーション等、金融に関する法務を通じて培った様々な知識・経験を有する弁護士が、案件ごとに最適のチームを編成し、対象となる金融取引や金融商品のスキーム特性や商品性を十分に理解した上で的確に訴訟追行に当たっています。

 近時では金融関連紛争の解決にADRが用いられることも増えてきていますが、当事務所はADR対応の分野でも多数の案件に関与し、実績を残しています。

金融関連争訟:弁護士等

一覧へ

金融関連争訟:セミナー・講演

2018年4月11日外部セミナー
『第3575回金融ファクシミリ新聞社セミナー「貸金業者が押さえておくべき民法改正に対する実務上のポイント」』
2018年2月26日外部セミナー
『虚偽記載(会計不祥事)とインサイダー取引規制に係わる最新動向-証券取引等監視委員会の調査時や不正発覚時に企業がとるべき対応-』
2018年2月9日外部セミナー
『証券訴訟の実務~開示書類の虚偽記載に対する損害賠償請求訴訟の留意点を、企業関係者側・投資家側それぞれの視点から解説~』
2018年1月26日外部セミナー
『ネットクレーマーの事例と不当な要求に対する対処法』
2017年10月19日外部セミナー
『アセットファイナンスの基礎~不動産・債権を引当てとしたファイナンス/民法改正も踏まえて~』

一覧へ

金融関連争訟:著書・論文

書籍
『新債権法下の債権管理回収実務Q&A』
書籍
『金融商品取引法コンメンタール1 定義・開示制度』
雑誌 論文
「不正競争防止法の一部改正等の営業秘密保護の最新動向について」
雑誌 論文
「物権・担保物権の準拠法」

一覧へ