税務争訟

事務所創設以来、紛争解決に関わる業務に中心的に取り組んでおり、税務争訟についても多くの実績を有しています。特に、税務調査対応には力を入れています。

 当事務所は、総合的なリーガル・サービスを提供できる大規模事務所という特性を活かし、主に税法を取り扱う弁護士はもちろん、争点となった法分野(例えば、知的財産権、ファイナンス、M&Aなど)を取り扱う弁護士もチームに加わることで、日本でも有数の質の高い争訟戦略を提供できる体制を整えています。これらの特性を活かし、当事務所は、多くの税務訴訟において納税者を勝訴に導くなど、実績を積み重ねています。

 また、当事務所は、税務調査対応を税務における最重要項目に掲げています。税法に関する幅広い知識・実務経験を有する弁護士が、訴訟を見据えた戦略の立案、税務調査における調査官との法的議論・解決に向けた交渉、当局に対する法律意見書の提出など、様々な局面で弁護士としての特色を生かした税務調査対応を行っています。

パンフレットダウンロードへ

税務争訟:弁護士等

一覧へ

税務争訟:ニュースレター

TAX LAW NEWSLETTER国税庁、米国リミテッド・パートナーシップを パススルー(構成員課税)と取り扱うとの見解を公表
TAX LAW NEWSLETTERタックス・ヘイブン対策税制に関する最新裁判例
TAX LAW NEWSLETTER移転価格税制に関する裁判例の検討―東京地判平成26年8月28日を題材に―

一覧へ

税務争訟:セミナー・講演

2017年11月8日事務所主催セミナー
MHMセミナー2017

一覧へ

税務争訟:著書・論文

雑誌 論文
「外国政府の不当な課税措置への対抗手段」
雑誌 論文
「不正競争防止法の一部改正等の営業秘密保護の最新動向について」

一覧へ