国際業務

各法域での実務への深い理解と豊富な実績に基づき、アジア各地に所在する拠点と広範なグローバル・ネットワークを最大限活用し、日本発祥の国際的法律事務所として、日常的な法律相談、コンプライアンス体制構築からM&A、プロジェクト、紛争解決に至るまで多様な法的側面において国際社会で活躍する企業をサポートしています。

「人治から法治への過渡期」、ダイナミックに変化する中国法務。中国ビジネスを成功に導くための法務戦略を提供。 

日韓両国の実情を踏まえた的確且つ広範囲なリーガル・サービスを提供しています。

台湾の実情を知る日台の弁護士が、案件毎にチームを組んでサポートします。

シンガポールでビジネスを行う日系企業及び地域統括会社向けに幅広くアドバイスを提供しています。

現地法律事務所との経営統合により飛躍的に充実した体制を基盤として、幅広いリーガル・サポートを提供しています。

最新の法律及び実務に関する深い理解を背景に、幅広いミャンマー案件に対応できる体制を整えています。

ベトナム案件に関する長年の蓄積をベースに、様々な案件に対応できる体制を整えています。

インドネシアの法律及び実務についての豊富な経験と幅広い案件に柔軟に対応できる体制を整えています。

幅広く案件に対応できる体制を整え、多くの日本企業のフィリピンビジネスをサポートしています。

マレーシアにおける豊富な案件の経験に基づき、充実したリーガル・サポートを提供します。

最新の法律及び実務に関する深い理解を背景に、幅広いカンボジア案件に対応できる体制を整えています。

メコン地域の法律実務を踏まえ、幅広いラオス案件に対応できる体制を整えています。

インド業務におけるパイオニアとして、幅広い案件に対応できる体制を整えています。

バングラデッシュにおいて案件及び政府機関調査で培った知見を活かし、日本企業に的確なサポートを提供します。

当事務所は、スリランカの法制度に関する知見及び現地法律事務所とのネットワークをもとに、的確なサポートを提供します。

企業活動や投資の国際化の中でEU及び加盟国の法規制の意味が重要度を増しています。

ブラジル・メキシコをはじめとして、中南米各国における日本企業のビジネスを幅広く柔軟にサポートしています。

トルコ・中東各国における日本企業のビジネスを幅広く柔軟にサポートしています。

日本とイスラエルの間のビジネスを強力にサポートします。

大きな可能性を秘めた市場であるロシア・CIS諸国への進出を法務面からサポートいたします。

アフリカ各国における日本企業のビジネスを幅広く柔軟にサポートしています。

投資協定、WTO協定等の通商法を活用して、国際的なビジネスをサポートします。

国際業務:弁護士等

一覧へ

国際業務:ニュースレター

Client AlertClient Alert 2019年7月号(Vol.67)
MHM Yangon Newsletter1.Recent Central Bank of Myanmar (CBM) reforms 2.Enactment of the intellectual property laws 3.Implementation of the Condominium Law 4.Publication of the Payment of Wages Rules 5. Issue of Notification on trading of particular goods by foreign companies
TAX LAW NEWSLETTERデジタル課税に関する議論の最新動向‐OECD作業計画公表を踏まえて‐

一覧へ

国際業務:ニュース

メディア
田中 浩之 弁護士のコメントが、日本経済新聞13面『M&A、データ管理に死角 世界で保護法制強化』と題した記事に掲載されました
メディア
小野寺 良文 弁護士のコメントが、日本経済新聞11面『アジアで知財係争、対策を―弁護士小野寺良文氏(法トーク)』と題した記事に掲載されました
受賞等
The 10th Edition of Best Lawyers in Japanにて高い評価を得ました
メディア
小松 岳志 弁護士のコメントが、日本経済新聞5面『企業統治「アジア7位」に転落―内向き日本への警鐘(経営の視点)』と題した記事に掲載されました
メディア
畠山 佑介 弁護士のコメントが、2019年1月17日付Bloomberg BNAの「CPTPP Commission Tackles Dispute Settlement at First Meeting (1)」と題した記事に掲載されました

一覧へ

国際業務:セミナー・講演

2019年7月15日事務所主催セミナー
『Allen & Gledhill共催セミナー「Data Protection Developments in Japan and Thailand (with Singapore Case Study)」』
2019年7月15日~2019年7月16日外部セミナー
『IAPP Asia Privacy Forum 2019』
2019年7月14日外部セミナー
『ビジネスと人権(国際法研究者・実務家勉強会企画)』
2019年7月10日事務所主催セミナー
大阪ビジネスロー研究会(第59回)『グローバルデータ保護法制の最新動向~欧州GDPR・eプライバシー規制の最新情報、カリフォルニア州消費者プライバシー法、アジア・BRICsのデータ保護法~』
2019年7月10日外部セミナー
『Trade Secret Protection – Legislation, Practice, and Enforcement』

一覧へ

国際業務:著書・論文

雑誌 論文
「中国最新法律事情(232)「会社法」適用の若干問題に関する規定(五)」
雑誌 論文
「中国における外商投資法の成立」
雑誌 論文
「日本企業のGDPR対応~適用開始1年を経て~」
雑誌 論文
「中国最新法律事情(231)中国の不正競争防止法、商標法及び行政許可法の改正」
雑誌 論文
「【企業法務】ビジネスと人権に関する最新動向と実務対応-豪州現代奴隷法やM&Aにおける対応を含めて-」

一覧へ

国際業務:法務トピックス

【経済産業省】7月の政策特集は「アフリカビジネスの新戦略」です!
【法務省】日本国とインドネシア共和国との間の在留資格「特定技能」に係る協力覚書(MOC)の交換について
【財務省】ウルグアイとの租税条約の締結交渉を開始します
【財務省】BEPS防止措置実施条約が適用される租税条約が増えます
【法務省】日本企業及び邦人を法的側面から支援する方策等を検討するための調査研究/インド

一覧へ