ライフサイエンス

変化が加速するライフサイエンス分野において、薬事・医事に関する豊富な専門知識を有する弁護士が、他の様々な法分野における専門家集団とも協働しつつ、総合的なリーガル・サービスを提供しています。

 高齢化やグローバル化の急速な進展等を背景として、ライフサイエンス分野は重要な成長分野として世界的に注目を集めるとともに、異業種の参入やオープンイノベーションの進展など、業界を取り巻く環境の変化も加速しています。これに伴い、ライフサイエンス分野における法的ニーズも多様化しており、薬事・医事に関する専門知識だけでなく幅広い分野に亘る総合的な法的戦略を構築することが求められています。

 当事務所は、長年に亘って国内外の製薬会社、研究機関、バイオベンチャーをはじめとするクライアントに対し、幅広いリーガル・サービスを提供してきた実績を有しています。そして、薬事規制やライセンス、知的財産争訟のみならず、M&A、ファイナンス、会社法関連、消費者対応等の幅広い分野において、ライフサイエンス業界の特殊性にも配慮しつつ、迅速かつ的確なアドバイスを提供しています。

 また、当事務所の薬事医事プラクティスグループでは、研究会を定期的に開催するなど、最新の薬事規制等の研究・分析のみならず、実務を通じて獲得した各弁護士の知識・経験を共有することにより、依頼者の皆様へ適切なアドバイスを提供できる体制を構築しています。
 

パンフレットダウンロードへ

ライフサイエンス:弁護士等

一覧へ

ライフサイエンス:ニュースレター

HEALTHCARE NEWSLETTER「薬機法等制度改正に関するとりまとめ」の公表について
HEALTHCARE NEWSLETTER医療用医薬品の販売情報提供ガイドラインについて
HEALTHCARE NEWSLETTER2018年6月施行の新医療広告ガイドラインについて

一覧へ

ライフサイエンス:セミナー・講演

2019年4月22日外部セミナー
『民法改正によるIT関連契約への影響と留意点~施行まであと1年、改正を踏まえた契約書の見直し~』
2019年2月13日事務所主催セミナー
名古屋ビジネスロー研究会(第55回)『ヘルスケア関連規制の基礎と最新動向~臨床研究法、医薬品医療機器等法と5年後見直し~』
2019年2月5日外部セミナー
『第14回 コンプライアンス分科会』
2018年11月29日外部セミナー
『第23回 日中民商事法務セミナー「第4次特許法改正及び新しい知財裁判制度への期待」』
2018年11月28日外部セミナー
『改正著作権法の解説と実務への影響 ~新設された「柔軟な権利制限規定」、TPP11に伴う改正の概要を理解する~』

一覧へ

ライフサイエンス:著書・論文

雑誌 論文
「ヘルスケア関連規制の改正に関する最新動向「薬機法等制度改正に関する取りまとめ」の公表~(前編)」
雑誌 論文
「ヘルスケア関連企業の広告に関する規制の最新の動向~「医療用医薬品の販売情報提供活動に関するガイドライン」の公表~」
論文
「Getting the Deal Through - Healthcare Enforcement & Litigation 2019 - Japan Chapter」
雑誌 論文
「<実務に役立つ ヘルスケア関連法務(10)>ヘルスケア関連企業の独禁法コンプライアンス」
書籍 論文
『企業訴訟実務問題シリーズ 特許侵害訴訟』

一覧へ

ライフサイエンス:法務トピックス

【厚生労働省】医療用医薬品の流通改善に関する懇談会(第28回)資料
【文部科学省】「ヒト受精胚に遺伝情報改変技術等を用いる研究に関する倫理指針」案に関するパブリック・コメント(意見公募手続)の実施について
【経済産業省】第1回 空の移動革命に向けた官民協議会
【国土交通省】スマートシティのモデル都市の構築を進めます~『スマートシティの実現に向けて【中間とりまとめ】』の策定~
【厚生労働省】日・欧州共同体相互承認協定によるGMP相互承認がほとんどの医薬品に拡大~流通する製品の一層効率的な品質確保につながる~

一覧へ