タックス・プランニング

当事務所では、国内外の各種取引のプランニングについて豊富な経験を有しています。特に、組織再編/M&A、クロスボーダー取引、金融取引等について、数多くの取扱実績があります。

 新規の取引を開始する際には、事前に税務上のリスクを確認し、当該リスクを軽減しておくこと、また想定する税務上の効果が得られるようプランニングを尽くしておくことが不可欠です。当事務所では、税務の観点から効率のよいストラクチャーを検討するとともに、税務上のリスクを軽減するためのプランニング、及びその結果を適切に反映したドキュメンテーションを行っています。特に、国内外の組織再編/M&A、クロスボーダー取引、金融取引等について、数多くの取扱実績があります。当事務所では、これらのプランニングを行うにあたり、国内外の税務及び法務の双方を同時に考慮したプランニングを行うことを重視しています。また、当事務所は、新規性のある複雑な取引を行う場合に行われる税務当局への事前相談(照会書の作成、税務当局への説明など)においても、様々なアドバイスを提供しています。

タックス・プランニング:弁護士等

一覧へ

タックス・プランニング:特集

タックス・プランニング:ニュースレター

TAX LAW NEWSLETTER最新事例解説 ユニバーサルミュージック事件第一審判決(東京地裁令和元年6月27日判決)
TAX LAW NEWSLETTERデジタル課税に関する議論の最新動向‐OECD作業計画公表を踏まえて‐
TAX LAW NEWSLETTER米国LLC等に関連する平成31年度税制改正

一覧へ

タックス・プランニング:ニュース

メディア
栗原 宏幸 弁護士のコメントが、2018年11月16日付Bloomberg BNAの「Japanese Bankers Fear Impact of Rules to Limit Interest Deductions」と題した記事に掲載されました
メディア
酒井 真 弁護士、山田 彰宏 税理士が、2018年9月5日付Bloomberg BNAの「Joint Ventures May Fizzle Out Under Japan’s Tax Avoidance Rules」と題した記事に掲載されました
メディア
栗原 宏幸 弁護士のコメントが、2018年8月16日付Bloomberg BNAの「Japan’s Future Tax Avoidance Rules May Hit Pharma, Railway Firms Japan’s Future Tax Avoidance Rules May Hit Pharma, Railway Firm」と題した記事に掲載されました
メディア
大石 篤史弁護士のコメントが、M&A Online『武田薬品がシャイアー買収で使う「スキーム・オブ・アレンジメント」と「産業競争力強化法」の改正とは』と題した記事に掲載されました
メディア
酒井 真 弁護士のインタビュー記事が、Bloomberg BNA『Paper Companies May Face Tax in Japan After U.S. Rate Cut』と題した記事に掲載されました

一覧へ

タックス・プランニング:セミナー・講演

2019年11月11日外部セミナー
『税務調査で否認されないための国内外の再編・グループ内取引等のプランニング』
2019年6月13日外部セミナー
『新任の法務/税務担当者・税理士のための国際タックス・プランニングの基本』
2019年4月23日事務所主催セミナー
『「変わる事業承継」セミナー』
2019年3月6日事務所主催セミナー
『税務関連書籍出版記念セミナー ~追加開催:国際税務の最新動向~』
2019年2月4日事務所主催セミナー
『税務関連書籍出版記念セミナー ~追加開催:事業承継・相続対策アドバイス~』

一覧へ

タックス・プランニング:著書・論文

書籍 講演録
『変わる事業承継』
書籍 論文
『Q&A タックスヘイブン対策税制の実務と対応』
雑誌 論文
「平成31年度税制改正大綱で明らかとなった「過大支払利子税制」の改正内容と実務への影響」
雑誌 論文
「新たな「支払利子の損金算入制限規定」の導入について-平成31年度税制改正の展望」
書籍 論文
『租税法と民法』

一覧へ

タックス・プランニング:法務トピックス

【国税庁】源泉所得税のあらまし(日ロシア新租税条約関係)
【国税庁】相続税の申告のしかた(平成30年分用)
【国税庁】相続税の申告書等の様式一覧(平成30年分用)
【国税庁】平成29年12月21日付課法2-22ほか2課共同「租税特別措置法関係通達(法人税編)等の一部改正について」(法令解釈通達)の趣旨説明

一覧へ