労働争訟

変化する労働争訟に対応するため、伝統的な訴訟対応に関するノウハウと最新の研究成果をもとに最良のアドバイスを提供します。

 ビジネスが抱える労働法に関するリスクは年々大きくなっています。たとえば、裁判所が新規に手続きを受け付ける年間の労働事件(労働審判含む)の数は10年前に比べ約2倍に増えており、ビジネスの種類や規模にかかわらずそのリスクは無視できないものとなっています。また、これまでの実務上の取扱いや解釈を否定する判例・裁判例が次々に出されており、労働法分野の解釈・理論は大きく変化し続けています。さらに、近時、「働き方」に関する価値観は大きく変化しており、特定の企業の労働環境が社会問題にまで発展する事態も生じています。ビジネスにとって、これまでの労務慣行を見直し、潜在的に抱えている労働法に関するリスクを発見し、未然に防ぐ努力をおこなう必要はかつてなく高まっていると言えます。

 当事務所では、伝統的に培ってきた訴訟・紛争解決に関する豊富な経験とノウハウを活かし、紛争リスクを未然に防ぎ、また、ひとたび紛争が発生した場合にはこれを的確に処理するための最良のアドバイスを提供します。

 さらに、2014年には、東京地方裁判所労働専門部で部総括判事として長年の勤務経験を有する元裁判官も当事務所に参加し、より一層充実した体制を整えています。

パンフレットダウンロードへ

労働争訟:弁護士等

一覧へ

労働争訟:ニュース

公益活動
当事務所の弁護士が経済産業省「平成28年度産業経済研究委託事業(欧州諸国における雇用慣行及び賃金制度等に関する調査)」において報告書を提出しました
メディア
日経産業新聞にて、高谷 知佐子 弁護士のインタビュー記事が掲載されました

一覧へ

労働争訟:セミナー・講演

2018年11月29日外部セミナー
『第23回 日中民商事法務セミナー「第4次特許法改正及び新しい知財裁判制度への期待」』
2018年7月31日外部セミナー
『第22回日中民商事法セミナー「知的財産権保護の強化 一流のビジネス環境を構築する」』
2018年2月23日外部セミナー
『企業に求められる柔軟な働き方への対応と課題』
2017年11月8日事務所主催セミナー
MHMセミナー2017
2017年4月20日事務所主催セミナー
名古屋ビジネスロー研究会(第28回)『2017年 人事・労務の重要課題 ~労働立法・裁判例の最新動向と今後の行方~』

一覧へ

労働争訟:著書・論文

雑誌 論文
「弁護士が精選!重要労働判例-第188回 連合ユニオン東京V社ユニオンほか(労組HP上の記述による名誉毀損該当性)事件」
雑誌 論文
「弁護士が精選!重要労働判例-第187回 学校法人武相学園(高校)(うつ病で休職中の懲戒解雇)事件」
雑誌 論文
「ニチネン(賃⾦減額の有効性)事件」
雑誌 論文
「学校法⼈札幌⼤学(給与⽀給内規変更)事件」
書籍 論文
『ベトナムのビジネス法務』

一覧へ