中国法務

「人治から法治への過渡期」、ダイナミックに変化する中国法務。中国ビジネスを成功に導くための法務戦略を提供。 

 中国業務の拡大に伴い、当事務所は、中国において1998年から北京オフィスを、2005年から上海オフィスを開設しています。日本企業が中国において直面する数多くの法律問題について、現地法律事務所と緊密に提携しながら、全面的なリーガル・サービスを提供しています。

 また、日本企業の対中投資や紛争の増加に対応し、最先端のリーガル・サービスを提供するため、当事務所では中国業務チームを設置しています。現在、中国業務チームは、多数の日本人弁護士、専門スタッフから構成されています。当事務所の北京オフィス、上海オフィス及び現地法律事務所とのネットワークも活用しながら、日本国内と北京・上海等の中国国内の両方において、日本人弁護士と中国人律師による総合的なリーガル・サービスを提供しています。

 当事務所では、これまでに多くの中国案件を処理し、豊富な経験とノウハウを有しています。中国投資についての法律相談のほか、IT関連事業、株式上場、企業買収など最先端の法律業務も増えています。また、中国から撤退する場合の全面的なリーガル・サービスも提供しています。さらに、知的財産権、製造物責任、独占禁止法などに関するトラブルも多く、中国で紛争が生じた場合の訴訟対応などあらゆる分野をカバーしています。

 東京、国内及び中国における各拠点の日本人弁護士、中国人律師、リーガル・サポート・スタッフが連携して、日本企業、中国企業を問わず、総合的なリーガル・サービスを提供しています。

 

パンフレットダウンロードへ

中国法務:弁護士等

一覧へ

中国法務:ニュースレター

中国最新法令中国最新法令 速報 No.304
中国最新法令中国最新法令 速報 No.303
中国最新法令中国最新法令 速報 No.302

一覧へ

中国法務:ニュース

メディア
小野寺 良文 弁護士のコメントが、日本経済新聞11面『アジアで知財係争、対策を―弁護士小野寺良文氏(法トーク)』と題した記事に掲載されました
メディア
石本 茂彦 弁護士のコメントが、日本経済新聞2面『ハイテク覇権争い、日本にも荒波―企業、米中対立で板挟み、技術流出で根深い確執(真相深層)』と題した記事に掲載されました
メディア
小野寺 良文 弁護士が執筆した『4月18日は「発明の日」/中国の最新知財事情―特許大国化の進む中国、日本企業も対応が急務』と題した記事が、日刊工業新聞15面に掲載されました
受賞等
Chambers Global 2019にて高い評価を得ました
メディア
小野寺 良文 弁護士のコメントが、日本経済新聞2面『中国知財裁判、改善アピール、二審を最高裁に一本化、権利保護、効果は不透明』と題した記事に掲載されました

一覧へ

中国法務:セミナー・講演

2019年7月10日外部セミナー
『Trade Secret Protection – Legislation, Practice, and Enforcement』
2019年6月12日事務所主催セミナー
『上海虹橋正瀚律師事務所共催セミナー~如何に中国において勝訴を勝ち取るか~』
2019年5月17日事務所主催セミナー
『M&Aにおけるデータ保護デューディリジェンスの実務』
2019年4月22日事務所主催セミナー
名古屋ビジネスロー研究会(第59回)『速報:中国「外商投資法」の成立及びその実務に与える影響』
2019年4月17日事務所主催セミナー
『速報:中国「外商投資法」の成立及びその実務に与える影響(技術ライセンス契約を含む)』

一覧へ

中国法務:著書・論文

雑誌 論文
「中国最新法律事情(231)中国の不正競争防止法、商標法及び行政許可法の改正」
書籍 論文
『特許・実用新案の法律相談Ⅱ(最新青林法律相談22)』
雑誌 論文
「【中国法務セミナー①】 「外商投資法」の実効性 外資保護はどこまで本気か」
雑誌 論文
「中国最新法律事情(230)「外商投資法」の成立とその影響」
「「外商投資法」の解説」

一覧へ

中国法務:法務トピックス

【法務省】日本国法務省と香港特別行政区法務庁との間の協力覚書(MOC)の交換について
【個人情報保護委員会】諸外国の個人情報保護制度に係る最新の動向に関する調査研究報告書
「2016年 海外情勢報告」を公表します~特集は「中国、インド、インドネシア、タイにおける解雇法制等」~
「2016年 海外情勢報告」を公表します~特集は「中国、インド、インドネシア、タイにおける解雇法制等」~
第5回日中知的財産権ワーキング・グループを開催しました

一覧へ