ファイナンス

新規企業によるファイナンスを、経験豊かな弁護士が、最先端の知識・ノウハウに基づき、あらゆる側面からサポートします。

圧倒的な実績・経験と大規模事務所の総合力を活かし、日々進化する資本市場案件全般を強力にサポート。

最先端の金融取引において、幅広い法律知識及び取引経験に基づき、クリエイティブであると同時に、実践的な問題解決の方策を提供します。

近年の世界経済の激動の中で、金融取引は日々進化しています。

企業買収に必要な資金は、LBOファイナンス又は買収ファイナンスと呼ばれるファイナンス手法によって調達されています。

多様化する資産運用ニーズに対応するための様々な金融商品の組成・海外からの持込み等に関しては、近年、複雑化の一途をたどる金融規制への適合性等、高度に専門的な法的検討が不可欠のものとなっています。

様々な法分野が交錯する複雑なJ-REIT分野において、豊富な経験、高い専門性と事務所の総合力を最大限活用し、高品質のサービスを迅速に提供しています。

デリバティブ取引に関連するさまざまなリーガル・サービスを提供しています。

横断的・多角的な知識経験をもつ弁護士が、あらゆる形態の不動産投資・ファイナンス取引をサポートします。

法制度や業界情報に関する最新かつ広範な知見と、豊富な取引経験に裏付けられるプロジェクトへの深い洞察に基づき、総合的なリーガル・サービスを提供します。

航空機や船舶等のアセットベース・ファイナンスに関する様々な問題について、ワンストップで高品質のサービスを迅速に提供しています。

ファイナンス:弁護士等

一覧へ

ファイナンス:特集

ファイナンス:ニュースレター

Client AlertClient Alert 2021年1月号(Vol.85)
企業再生・債権管理ニュースレター包括担保に関する近時の議論状況
Client AlertClient Alert 2020年12月号(Vol.84)

一覧へ

ファイナンス:ニュース

受賞等
The Legal 500 Asia Pacific 2021にて高い評価を得ました
公益活動
当事務所は、イスラム金融方式のESG金融案件でアドバイスを行いました
受賞等
Chambers Asia-Pacific 2021にて高い評価を得ました
受賞等
IFLR1000’s thirtieth editionにて高い評価を得ました
受賞等
ALB Japan Law Awards 2020にて受賞しました

一覧へ

ファイナンス:セミナー・講演

2021年3月25日外部セミナー
『第4512回 金融庁・証券取引等監視委員会による証券モニタリングの最新情報と適切な対応策』
2021年2月26日外部セミナー
『コンセッション事業のリスク分担に関する実務上のポイント〜プロジェクトファイナンスによる資金調達も踏まえ、最新実務を解説〜』
2021年2月17日外部セミナー
『第4452回 基礎から学ぶ(インサイダー)情報伝達・取引推奨規制-社内規定改訂時のポイントも解説―』
2021年1月15日外部セミナー
『第4426回金融ファクシミリ新聞社セミナー「プロジェクトファイナンスの実務 ~発電所プロジェクトの最新実務動向や法改正の影響も踏まえて~」』
2021年1月14日外部セミナー
『第4425回 金融ファクシミリ新聞社セミナー「投資型クラウド・ファンディングに係る法規制と今後の展望」』

一覧へ

ファイナンス:著書・論文

雑誌 論文
「<企業法務>STO(セキュリティ・トークン・オファリング)をめぐる最新動向」
書籍 論文
『ルール・チェンジ 武器としてのビジネス法』
論文
「IFN Annual Guide 2021 - Sukuk as feasible option for Japanese Investors」
雑誌 論文
「LIBORの恒久的公表停止とシンジケートローン」
論文
「今注目されるデータセンターに対する不動産投資の法的留意点」

一覧へ

ファイナンス:法務トピックス

【金融庁】新型コロナウイルス感染症に関連する有価証券報告書等の提出期限について
【東京証券取引所】緊急事態宣言発令に伴う売買の取扱いを踏まえた情報開示に係る対応
【経済産業省】2050年カーボンニュートラルに伴うグリーン成長戦略を策定しました -「経済と環境の好循環」につなげるための産業政策-
【経済産業省】「コンバーティブル投資手段」活用ガイドラインを策定しました ウィズコロナ期における機動的なリスクマネー供給・オープンイノベーションの促進
【金融庁】「金融商品取引業等に関する内閣府令(平成十九年内閣府令第五十二号)第百二十三条第十二項第五号及び第十三項第五号の規定に基づき、 同条第一項第二十一号の十又は第二十一号の十一に規定する措置を講じなくても公益に反し又は投資者の保護に支障を生ずるおそれがないと認められる場合を指定する件(平成二十八年金融庁告示第四十八号)の一部を改正する件」について

一覧へ