不動産関連

我が国においては、近時、社会経済構造の変化、会計制度の変更、金融市場の整備等によって不動産に関わるビジネスモデルは変容・多様化すると共に、不動産および不動産に関わる取引に対する法的規制のあり方も大きく転換しています。

 我が国において、不動産ビジネスは、不動産の売買、賃貸及び仲介、オフィス、住宅、商業施設等の開発、都市再開発事業・土地区画整理事業、国内外における不動産投資など、多様な広がりのある重要な産業を形成すると共に、金融ビジネス、環境ビジネスなど他のビジネスとも密接に関連しています。不動産ビジネスを営まない会社でも企業不動産(CRE)戦略と無縁ではいられません。

 当事務所では、金額の高額性、権利関係の重層性、取引形態の複雑性などの不動産ビジネスの特性を踏まえ、取引スキームの策定、関係当事者との協議・交渉、不動産デュー・ディリジェンス、契約書の作成、係争案件の処理など、不動産ビジネスのあらゆる局面において、我が国内外の依頼者に対し、不動産関連のリーガル・サービスを提供しています。

不動産関連:弁護士等

一覧へ

不動産関連:特集

不動産関連:ニュースレター

REIT NEWSLETTER
所有者不明土地特措法の改正
ENERGY & INFRASTRUCTURE BULLETIN
所有者不明土地特措法の改正
CULTURE & ARTS BULLETIN
博物館法の改正について
FINANCIAL REGULATION BULLETIN
Fintech ニュースレター 金融のデジタル化等に対応するための資金決済法等の改正(案)について
MHM Asian Legal Insights
日本企業を単独スポンサーとする初のS-REIT上場事例の紹介

ニュースレター トップページへ

不動産関連:ニュース

受賞等
The 13th edition of The Best Lawyers in Japan™ 及びBest Lawyers: Ones to Watch in Japan™にて高い評価を得ました
受賞等
The Legal 500 Asia Pacific 2022にて高い評価を得ました
受賞等
Chambers Asia-Pacific 2022にて高い評価を得ました
受賞等
ALB Japan Law Awards 2021にて受賞しました
受賞等
当事務所の弁護士がasialaw 2022, the definitive guide to Asia's leading law firms and lawyersにて高い評価を得ました

一覧へ

不動産関連:セミナー・講演

2022年4月13日外部セミナー
『セキュリティ・トークン・オファリング(STO)の法律実務の最新動向〜不動産STO・社債STOでの活用を中心に〜』
2022年3月28日外部セミナー
『定点観測・アジア不動産法務FY2021-ベトナム・不動産事業法の施行細則に関する新政令と当地のビジネスに与える影響』
2022年2月16日外部セミナー
『第4789回金融ファクシミリ新聞社セミナー「STO(Security Token Offering)の最新実務~法制度の全体像と最新の活用事例~」』
2022年2月7日~2022年2月28日外部セミナー
『不動産セキュリティトークン・オファリング(STO)に関する法規制、スキーム検討と実務の動向』
2021年11月18日外部セミナー
『STO(Security Token Offering)活用の実務~最新の実例と具体的な手法・ストラクチャー~』

一覧へ

不動産関連:著書・論文

雑誌 論文
「民法・不動産登記法(所有者不明土地関係)の改正等(後編)」
雑誌 その他
「法令解説 民法・不動産登記法を改正し所有者不明土地の活用に道開く」
その他
「【解説】所有者不明土地対策3/不要な土地を国庫に[相続土地国庫帰属法など]」
その他
「【解説】所有者不明土地対策2/相続登記を義務化[不動産登記法改正]」
その他
「【解説】所有者不明土地対策1/共有制度を見直し[民法改正]」

一覧へ

不動産関連:法務トピックス

【法務省】借地借家法等の改正(定期借地権・定期建物賃貸借関係)について
【法務省】「借地借家法施行令案」に関する意見募集(パブコメ結果)
【国土交通省】不動産取引時の書面が電子書面で提供できるようになります。 ~宅地建物取引業法施行規則の一部改正等を行いました~
【国土交通省】「宅地建物取引業法施行令及び高齢者の居住の安定確保に関する法律施行令の一部を改正する政令」等を閣議決定
【国土交通省】不動産の共通コードとしての「不動産ID」のルールを整備! ~不動産IDルール検討会の中間とりまとめを踏まえ、「不動産IDルールガイドライン」を策定~

一覧へ