外部セミナー終了
『戦略的コーポレート・ファイナンスの法務と実務~新株予約権・CBによる第三者割当型ファイナンス、臨報方式の海外募集、ライツ・オファリングをはじめ最新手法を徹底検証~』

セミナー概要

開催日時 2023年12月15日(金)~2024年2月14日(水)配信
講師等 根本 敏光
イベント主催 株式会社プロネクサス
業務分野 M&A/企業再編 金融関連規制 キャピタル・マーケッツ
備考

詳細

■セミナー概要
 長引いたコロナ禍による上場会社の事業又は業績への影響と、With/Afterコロナにおける事業継続・事業展開を踏まえて、資本増強を含めた資金調達の必要性が高まっています。加えて、ウクライナ情勢や金融政策を受けた為替・金利の動向、物価・原材料価格の高騰など、目まぐるしく変化する事業環境下で、資金調達を成功させるためには、足許の業績や株価の動向を踏まえ、また今後の事業環境の不確実性等も総合的に考慮した上で、取り得る最善の選択肢を戦略的に選択しなければなりません。例えば、行使価額修正条項付の新株予約権やCBの第三者割当によることで、株価低迷時にも一定の資金調達の実現が可能であるほか、希薄化や株価への影響などの点でも既存株主の理解を得やすいことが期待できます。その他、行使条件や割当先との合意により、将来の業績及び株価の回復時により有利な条件で調達する可能性を確保したり、将来の更なる資金ニーズに柔軟に対応できるようにするなど、柔軟な商品設計(行使価額修正条項、行使指定条項、行使停止条項、ターゲット・プライス型、複数トランシェ・複数手法の組み合わせなど)も可能です。また、希薄化を生じさせることなく既存株主から資金調達を行うライツ・オファリングについても、近時、ノンコミットメント型、一部コミットメント型のいずれの事案も見られるなど選択肢となりえます。
 その他、英文目論見書を作成せずに行う、いわゆる臨報方式の海外募集(Undocumented Offering)も有力な選択肢となるほか、普通株式での資金調達が困難である場合等においては種類株式の第三者割当も視野に入れる必要があります。
 本講演では、新株予約権等による第三者割当型ファイナンス、臨報方式の海外募集、ライツ・オファリングをはじめとした、With/Afterコロナにおける資金調達の手法につき概説するとともに、このような環境下において実際に企業の担当者が資本市場での資金調達を検討する際に、どのような選択肢があり、いかに選択し、実行していくかについて、法務面と実務面の重要ポイントを中心に、基本的な事項から分かりやすく解説いたします。企業の資本政策・資金調達戦略検討の基礎として、ファイナンスの経験の有無にかかわらず、上場企業の、経営、財務、経営企画、法務のご担当者に是非参加頂きたい講演です。

■講義内容
1.近時の資本市場の動向
2.新株予約権・CBの第三者割当型ファイナンス
3.臨報方式の海外募集(Undocumented Offering)
4.ライツ・オファリング(ノンコミットメント型、一部コミットメント型、ノンディスカウント型)
5.公募増資・IPO(Global Offering/IPO、親子上場、旧臨報方式IPO)
6.種類株式
7.ユーロCB/リキャップCB
8.コンボオファリング(株式とCBの同時発行)

M&A/企業再編:セミナー・講演

2024年4月18日外部セミナー
『米国ベンチャー投資契約の基礎~モデル契約条項と出資にあたっての重要ポイントを2時間で理解する~』
2024年3月1日外部セミナー
『ジョイントベンチャー案件の留意点~デュー・デリジェンス、契約交渉、設立後に関し豊富な実例を交えて解説~』
2024年2月15日事務所主催セミナー
『米国倒産手続(Chapter 11)の基礎~日本企業が直面した場合の留意点~』
2024年2月14日外部セミナー
『第5307回金融ファクシミリ新聞社セミナー 変わるM&Aルール「企業買収における行動指針」の策定と実務への影響~「公開買付制度・大量保有報告制度等ワーキング・グループ」の議論状況も踏まえながら~』
2024年2月9日~2024年5月31日事務所主催オープンセミナー
『サステナビリティ×ファイナンス連続ウェビナー:第9回「インパクト投資」』

一覧へ

金融関連規制:セミナー・講演

2024年4月15日外部セミナー
『セキュリティ・トークン・オファリング(STO)の法律実務の最新動向~不動産STO・社債STOでの活用を中心に~』
2024年3月11日外部セミナー
『第5322回金融ファクシミリ新聞社セミナー「セキュリティ・トークン・オファリング(STO)の法律実務~不動産STO・社債STOの最新動向を中心に~」』
2024年3月5日外部セミナー
『第5317回金融ファクシミリ新聞社セミナー「上場企業エクイティ・ファイナンスの要諦-グローバルオファリングやPIPEsに必要な手続きも解説-』
2024年3月4日外部セミナー
『第5316回金融ファクシミリ新聞社セミナー「日本の暗号資産法制を踏まえた米国・欧州における暗号資産の規制動向」』
2024年2月28日外部セミナー
『ベンチャー・キャピタル/プライベート・エクイティ・ファンドの組成・規制対応・契約実務〜直近の改正等の最新トピックを含めて実務を詳説〜』

一覧へ

キャピタル・マーケッツ:セミナー・講演

2024年4月15日外部セミナー
『セキュリティ・トークン・オファリング(STO)の法律実務の最新動向~不動産STO・社債STOでの活用を中心に~』
2024年3月11日外部セミナー
『第5322回金融ファクシミリ新聞社セミナー「セキュリティ・トークン・オファリング(STO)の法律実務~不動産STO・社債STOの最新動向を中心に~」』
2024年3月5日外部セミナー
『第5317回金融ファクシミリ新聞社セミナー「上場企業エクイティ・ファイナンスの要諦-グローバルオファリングやPIPEsに必要な手続きも解説-』
2024年3月4日外部セミナー
『第5316回金融ファクシミリ新聞社セミナー「日本の暗号資産法制を踏まえた米国・欧州における暗号資産の規制動向」』
2024年2月27日~2024年5月31日事務所主催オープンセミナー
『サステナビリティ×ファイナンス連続ウェビナー:第11回「サステナビリティ×ブロックチェーン」』

一覧へ

根本 敏光:セミナー・講演

2023年8月1日~2023年9月29日外部セミナー
『大量保有報告制度の法的知識と実務上の留意点~基礎概念から変更報告書の提出の要否の判断基準、報告書作成要領、取引類型ごとの留意点まで徹底解説~』
2023年2月9日外部セミナー
『IPOに必要な準備とポイント~旧臨報方式IPO 、 Pre IPO ファイナンス、コーナーストーン投資など近時のトレンドも踏まえ徹底解説~』
2022年12月15日~2023年2月14日外部セミナー
『戦略的コーポレート・ファイナンスの法務と実務 -新株予約権・CBによる第三者割当型ファイナンス、臨報方式の海外募集、新型ライツ・オファリングをはじめ最新手法を徹底検証-』
2022年11月1日~2022年11月30日外部セミナー
『RIDセミナー「徹底解説 大量保有報告書制度の理論と実務」』
2022年10月14日~2022年10月21日外部セミナー
『【参加無料】IPOに必要な準備とポイント』

一覧へ