不公正取引(インサイダー取引等)

当事務所は、インサイダー取引事案や相場操縦事案等の不公正取引についての高度な専門性及び豊富な経験を有しており、企業側又は行為者側いずれの立場からも、万全のサポートをいたします。

インサイダー取引事案及び相場操縦事案は引き続き後を絶たず、また、取引金額がわずかであっても課徴金を課される事例も数多くあります。これらの事案は、行為者の自主申告を含め社内において発覚したり証券取引等監視委員会の調査によって発覚したり、その端緒は突然かつ緊急の場合が多い一方で、企業や嫌疑者においては知見や経験がなく対応に窮する場合が少なくありません。

当事務所は、インサイダー取引・相場操縦事案についての実務経験、証券取引等監視委員会での執務経験、類似事案の蓄積等を通じて、証券取引等監視委員会による調査の対応や、社内における実態把握、行為者への社内処分の判断、社内規程の見直しや実効的な取引防止体制の整備など、総合的な対応を行っております。

不公正取引(インサイダー取引等):弁護士等

一覧へ

不公正取引(インサイダー取引等):ニュースレター

REIT NEWSLETTER
スポンサーによる投資口の取得・処分について
CRISIS MANAGEMENT NEWSLETTER
2022年度の不正調査の傾向
CRISIS MANAGEMENT NEWSLETTER
近時の不正・不祥事事案における役員に対する処分の傾向

ニュースレター トップページへ

不公正取引(インサイダー取引等):ニュース

メディア
宮田 俊 弁護士のコメントが、日本経済新聞『「ウチの株は買い」安易な推奨、リスクです-先輩、それ違法です!2024 ⑥』と題した記事に掲載されました

一覧へ

不公正取引(インサイダー取引等):セミナー・講演

2024年6月4日外部セミナー
『第5378回金融ファクシミリ新聞社セミナー 「資本政策やコーポレート・アクションとインサイダー取引規制-自己株式の取得や処分、大株主とのエンゲージメント上の留意点を解説-」』
2024年5月31日外部セミナー
『企業における公務員との関わり方とコンプライアンス~「渡す」・「受けとる」の勘所~』
2024年5月23日外部セミナー
『第5371回金融ファクシミリ新聞社セミナー「不正競争防止法改正と外国公務員贈賄コンプライアンスの今とこれから―何がどう変わるか、どう対応すべきか―」』
2024年4月24日外部セミナー
『公務員との関わり方における企業の留意事項とコンプライアンスー「渡す」・「受けとる」の勘所から、刑事対応までー』
2024年3月14日外部セミナー
『第5325回金融ファクシミリ新聞社セミナー「コンプライアンスを踏まえた公務員との関わりの心得-企業の役職員が金品等の利益提供を授ける・受ける場合の注意点にも言及-」』

一覧へ

不公正取引(インサイダー取引等):著書・論文

雑誌 論文
「営業秘密の持出しと持込みへの対応策」
雑誌 論文
「クロスセクター・サイバーセキュリティ法(第4回)サイバーセキュリティ×ディスクロージャー ―金融商品取引法を中心とするサイバーセキュリティ関連の情報開示」
雑誌 論文
「上場投資法人のスポンサーによる投資口の取得・処分について」
雑誌 論文
「〈実務問答金商法(33)〉FDルールにおける「広報に係る業務」および「重要情報」の意義」
論文
「不正調査の基本的な流れ 改正公益通報者保護法を踏まえて」

一覧へ

不公正取引(インサイダー取引等):法務トピックス

【金融庁】「有価証券の取引等の規制に関する内閣府令の一部を改正する内閣府令(案)」の公表について
【金融庁】「インサイダー取引規制に関するQ&A【応用編】」の追加について
【金融庁】「インサイダー取引規制に関するQ&A」の追加について
【金融庁】「マネー・ローンダリング・テロ資金供与・拡散金融対策の現状と課題」(2023年6月)の公表について
【証券取引等監視委員会】「金融商品取引法における課徴金事例集~不公正取引編~」の公表について

一覧へ