民事争訟

どのような争訟案件に対しても、ベストの態勢と必勝の信念で臨みます。

 どのような類型の争訟であっても、民事争訟の基本は同じです。紛争の初期段階から、事案に即した法律構成を組み立て、一貫した戦略をとること。集められるだけの証拠をくまなく収集し、事実を立証すること。鋭い洞察に富み、かつ分かりやすい書面を作成して、裁判官を説得すること。期日での弁論、弁論準備手続、証人尋問から和解協議に至るまで、裁判官の心証をふまえ、当を得た法廷戦術を展開すること。これらの活動を、地道に粘り強く、いかに徹底して積み重ねられるかが、民事争訟で勝利するための唯一の道なのです。

 当事務所では、長年にわたり訴訟・紛争解決に取り組んできた熟練弁護士と、その薫陶を受けながら妥協なき努力を重ねる新鋭弁護士がチームを組み、どのような争訟案件にもベストの態勢と、必勝の信念で臨みます。そして、各種の専門家、優秀な事務スタッフと長年にわたって蓄積された証拠収集ノウハウ、大量の蔵書とデータベース、恵まれたIT環境など、大規模事務所ならではの豊富なインフラが、その活動を支えます。

 重要な争訟であればあるほど、彼我の能力は拮抗してきます。そのような状況でしのぎを削りながら、依頼者の皆様からの付託に応える結果を得るために、当事務所の弁護士は、今後もたゆまぬ努力を続けていきます。

民事争訟:弁護士等

一覧へ

民事争訟:特集

民事争訟:ニュースレター

CULTURE & ARTS BULLETIN
MHM Culture & Arts Journal - Issue 6 -
MHM INTELLECTUAL PROPERTY NEWSLETTER
MHM INTELLECTUAL PROPERTY NEWSLETTER 2022年6月号(Vol. 13)
REIT NEWSLETTER
民法・不動産登記法(所有者不明土地関係)の改正等
STRUCTURED FINANCE BULLETIN
民法・不動産登記法(所有者不明土地関係)の改正等
ENERGY & INFRASTRUCTURE BULLETIN
民法・不動産登記法(所有者不明土地関係)の改正等

ニュースレター トップページへ

民事争訟:ニュース

メディア
増田 雅史 弁護士と羽深 宏樹 弁護士のコメントがForbes Japanの『ネット取引やメタバースで増えるトラブル。「ODR」は紛争解決のイノベーションになるか』と題した記事に掲載されました
受賞等
山内 洋嗣 弁護士がWhite Collar Crime Expert Guide 2021にて高い評価を得ました
受賞等
山内 洋嗣 弁護士がWhite Collar Crime Expert Guide 2020にて高い評価を得ました
受賞等
日本経済新聞の「企業法務・弁護士調査 2017年」において高い評価を得ました
メディア
日経産業新聞にて、関戸 麦 弁護士のインタビュー記事が掲載されました

一覧へ

民事争訟:セミナー・講演

2022年12月9日外部セミナー
『第5007回金融ファクシミリ新聞社セミナー「不正対応の急所ー不正調査の初動対応総点検と公益通報者保護法を踏まえた調査のポイントを解説ー」』
2022年8月29日外部セミナー
『ドメインネームに関する「ソフトロー」とオンライン紛争解決(ODR)』
2022年7月20日外部セミナー
『公益通報者保護制度についての民間事業者向け説明会』
2022年7月20日外部セミナー
『Academia and Industry Patent Disputes in Japan』
2022年7月19日外部セミナー
『改正公益通報者保護法を踏まえた内部通報対応体制の運用実務と留意点』

一覧へ

民事争訟:著書・論文

雑誌 論文
「令和4年改正民訴法(民事訴訟手続のIT化等)について」
雑誌 論文
「民事裁判手続におけるIT化を促進 改正民事訴訟法」
その他
「宅建業法及び借地借家法における書面の電子化の開始(後編)」
書籍
『企業訴訟実務問題シリーズ システム開発訴訟〈第2版〉』
その他
「宅建業法及び借地借家法における書面の電子化の開始(前編)」

一覧へ

民事争訟:法務トピックス

【東京地方裁判所】発信者情報開示命令申立て
【法務省】相続等により取得した土地所有権の国庫への帰属に関する法律施行規則案に関する意見募集
【法務省】法制審議会担保法制部会第28回会議(令和4年11月8日開催)
【法務省】法制審議会-刑事法(性犯罪関係)部会 第10回会議(令和4年10月24日開催)
【法務省】法制審議会第196回会議(令和4年9月12日開催)

一覧へ