知的財産争訟

知的財産権の分野において、国内外における大小様々な規模の複雑な侵害訴訟・仲裁などの紛争解決、無効審判を多く取り扱っており、豊富な経験と実績を有しています。

国内知的財産紛争

 当事務所は、国内の特許権、商標権、意匠権、著作権、不正競争防止法等の知的財産権の侵害訴訟・差止仮処分や、特許権、商標権等の無効審判や審決取消訴訟等を数多く取り扱っており、優れた実績と経験を有しています。また、ライセンス契約や技術取引に関する紛争に加えて、職務発明の対価請求訴訟等の紛争案件についても豊富な経験を有しています。これまで経験した取扱分野は、電子機器、光学機器、半導体、テレコミュニケーション、IT、医薬、バイオ・ライフサイエンス、ヘルスケア、消費財等、多岐にわたります。また、大規模な紛争案件のみならず、中小規模の紛争案件についても多くの経験を有しています。今後も、クライアントの利益を最大限実現するための戦略的な訴訟活動を遂行していきます。

国際知的財産紛争

 企業の国際的な事業展開に伴い、知的財産紛争が国境を越えるケースは珍しくありません。その中には、海外で日本企業が侵害訴訟を提起される場合もあれば、外国企業が日本で侵害訴訟を提起する場合もあります。当事務所の弁護士は、これらの国際的な知的財産紛争に対応するため、海外留学・実務経験によって培われた専門的な知識・ノウハウを有しています。また、海外の一流の法律事務所とのネットワークを最大限活用し、クライアントが最善の結果を得るための戦略的アドバイスを行っています。特に、近年増加傾向にある中国を含むアジア地域での知的財産紛争については、現地オフィスを持つ強みを最大限に活かし、効率的な紛争処理を実現します。また、当事務所は、ICC(国際仲裁裁判所)等での仲裁案件についても多くの実績を有しています。

高度に専門的なリーガル・サービスを提供するために

 当事務所の知的財産権プラクティスグループでは、研究会を定期的に開催し、最新の重要判例の研究・分析のみならず、実務を通じて獲得した各弁護士の知識・経験を共有することにより、クライアントの皆様へ適切なアドバイスを提供できる体制を構築しています。また、知的財産権プラクティスグループに所属する各弁護士は、各種の知的財産法関連のセミナーや講演、執筆活動のほか、従業員向け知的財産関連の講演等も積極的に行っています。

知的財産争訟:弁護士等

一覧へ

知的財産争訟:ニュースレター

CULTURE & ARTS BULLETIN
MHM Culture & Arts Journal - Issue 23 -
TECH, IP AND TELECOMS LAW UPDATES
TECH, IP AND TELECOMS LAW UPDATES Vol.8 March 2024
TECH, IP AND TELECOMS LAW UPDATES
TECH, IP AND TELECOMS LAW UPDATES Vol.8 2024年3月号
TECH, IP AND TELECOMS LAW UPDATES
TECH, IP AND TELECOMS LAW UPDATES Vol.7 January 2024
TECH, IP AND TELECOMS LAW UPDATES
TECH, IP AND TELECOMS LAW UPDATES Vol.7 2024年1月号

ニュースレター トップページへ

知的財産争訟:ニュース

受賞等
The Best Lawyers in Japan™ 及びBest Lawyers: Ones to Watch in Japan™ (2025 edition)にて高い評価を得ました
メディア
小野寺 良文 弁護士のコメントが、日本経済新聞『プロテリアル、中国で逆転勝訴 技術流出の懸念和らぐ』と題した記事に掲載されました
受賞等
辰野 嘉則 弁護士がALBのLitigators of Asia 2023に選出されました

一覧へ

知的財産争訟:セミナー・講演

2024年7月4日外部セミナー
『営業秘密漏洩対応と予防策-元検事が刑事告訴の実務も詳細に解説-』
2024年6月19日外部セミナー
『知らないと危険!「広告規制の基本セミナー」景品表示法(ステマ規制他)/著作権法/不正競争防止法』
2024年6月12日事務所主催オープンセミナー
【申込受付中】『EUのAI Act、Dataに関する最新法規制解説セミナーシリーズ・第1回「EUのAI Act:日本企業への影響と実務上の対応策」』
2024年5月16日外部セミナー
『営業秘密漏洩対応と予防策-元検事が刑事告訴の実務も詳細に解説-』
2024年3月25日外部セミナー
『第5281回金融ファクシミリ新聞社セミナー「重要情報の漏えい防止など情報管理対策の勘所~情報漏えい未然防止策と万一漏えいした際の対応策~」』

一覧へ

知的財産争訟:著書・論文

書籍 論文
「知財判例速報 不正競争防止法2条1項1号による商品形態の保護―ドクターマーチン事件(控訴審)(知財高判令和5・11・9)」
書籍 論文
『In-Depth: Technology Disputes 3rd Edition』
論文
「特許法における技術的偏見の概念について(清水節先生古稀記念論文集『多様化する知的財産権訴訟の未来へ』)」
雑誌 論文
「知財判例速報 特許権侵害と属地主義の原則―ドワンゴ対FC2システム特許事件(控訴審)(知財高判令和5・5・26)」

一覧へ

知的財産争訟:法務トピックス

【経済産業省】 不正競争防止法 令和6年4月1日施行版
【特許庁】審判便覧第20版(案)に対する意見募集の実施について
【特許庁】原出願が審判係属中の分割出願に対する審査中止の運用についてのQ&A
【特許庁】「標準必須特許のライセンス交渉に関する手引き(案)」に対する意見募集
【文化庁】オーファンワークス対策事業 「裁定補償金額シミュレーションシステムに係る調査研究及び構築事業」報告書

一覧へ