環境法/地球温暖化対策

環境問題への対応力・順応力が企業の命運を左右する時代になりました。

地球温暖化対策法務

 地球温暖化・気候変動問題は現代社会が直面する最も深刻な問題の一つであり、社会や企業もその影響を免れることはできません。当事務所は早くから、排出権取引をはじめとする地球温暖化対策法務に積極的に取り組んできました。排出権取引、カーボン・オフセット、排出権関連金融商品の組成など、多数の先進的な案件を推進し、日本における温暖化対策法務を常にリードしてきました。また、政府等の公的機関の委員会・検討会に参加し、立法・制度支援活動を積極的に行っています。
 最近では二国間オフセット・クレジット制度の構築に関して政府の検討に参加し、制度設計の法的側面について助言しています。こうした活動を通じて、公益的な役割を果たすだけでなく、実務界の問題意識を立法・制度に反映させることや、最新の知見を活かした高度なリーガル・サービスを依頼者に提供することが可能となります。また、最近では電力システム改革と地球温暖化対策の関係がクローズアップされつつあります。こうした分野についても政府の検討会等に参加することにより知見を蓄えています。

環境法関連法務

 社会の意識の変化や法令の相次ぐ改正により、土壌・大気・水質の汚染、廃棄物処理といった環境問題に潜むリーガルリスクは高まる一方です。当事務所ではこうした環境関連法規についてのリスクマネジメントにも積極的に取り組んでいます。具体的には、企業におけるコンプライアンス・プログラムの導入、ビジネススキームの策定、不動産取引やM&A取引といった局面において、環境関連法規について様々な調査・助言を行うとともに、交渉にも積極的に関与しています。また、環境問題に関する紛争、特に、不動産取引やM&A取引における環境問題関連の紛争には豊富な実績を有しています。

環境法/地球温暖化対策:弁護士等

一覧へ

環境法/地球温暖化対策:ニュースレター

ENVIRONMENTAL LAW BULLETIN
プラネタリーヘルスとは何か~環境問題を健康問題として捉え直す新視点~【後編】
ENERGY & INFRASTRUCTURE NEWSLETTER
“Interim Summary Report” (chuukan torimatome) to introduce Hydrogen and Ammonia
MHM TAIWAN NEWSLETTER
台湾における洋上風力発電開発の最新動向他
ENVIRONMENTAL LAW BULLETIN
プラネタリーヘルスとは何か~環境問題を健康問題として捉え直す新視点~【前編】
ENERGY & INFRASTRUCTURE NEWSLETTER
CCS(二酸化炭素の地中貯留)の事業化に向けた環境整備の進捗―経済産業省及び環境省による意見の募集(パブリックコメント)について―

ニュースレター トップページへ

環境法/地球温暖化対策:ニュース

メディア
南谷 健太 弁護士のコラムが、Harvard Alumni for Climate and the Environment(HACE)に掲載されました
メディア
南谷 健太 弁護士のコラムが、日本経済新聞16面『公衆衛生への理解深めよ(私見卓見)』と題した記事に掲載されました
メディア
南谷 健太 弁護士のコラムが、with Planet(朝日新聞デジタル)の『弁護士がプラネタリーヘルスに出会った 地球と健康を結ぶ新たな視点』と題した記事に掲載されました
受賞等
IFLR1000 2023にて高い評価を得ました
メディア
高宮 雄介 弁護士のコメントが、日経ビジネスの『リケン・日ピス統合にも影響か 公取委、「難産」の脱炭素ガイドライン』と題した記事に掲載されました

一覧へ

環境法/地球温暖化対策:セミナー・講演

2024年3月5日外部セミナー
『事業用不動産の再エネ化の手法とコーポレートPPAの留意点~環境価値(特にゼロエミ価値)の理解及びその活用のあり方~』
2024年2月27日外部セミナー
『コーポレートPPAの規制と最新論点~ファイナンスの視点からの分析・最新の制度変更を踏まえて~』
2024年2月26日外部セミナー
『第5311回金融ファクシミリ新聞社セミナー「コーポレートPPA活用のための基礎知識習得ー法令上のポイントと契約上の留意点を分かりやすく解説-」』
2024年2月13日外部セミナー
『【2024年4月施行】再エネ特措法改正後の押さえておくべき必須事項~知らなかったでは済まされない多数のルールと問題となりやすい論点~』
2024年2月9日~2024年5月31日事務所主催オープンセミナー
『サステナビリティ×ファイナンス連続ウェビナー:第9回「インパクト投資」』

一覧へ

環境法/地球温暖化対策:著書・論文

雑誌 論文
「The Legal 500: Environment Comparative Guide (the 5th Edition) – Japan Chapter」
雑誌 論文
「カーボン・クレジット市場の現状と今後の見通し」
書籍
『環境価値取引の法務と実務』
雑誌 論文
「企業法務最前線〈第260回〉カーボンニュートラルの実現に向けた環境価値取引の法務」
雑誌 論文
「グリーンガイドラインの特徴及び実務的な観点からの若干の考察」

一覧へ

環境法/地球温暖化対策:法務トピックス

【経済産業省】第34回 総合資源エネルギー調査会 電力・ガス事業分科会 電力・ガス基本政策小委員会 ガス事業制度検討ワーキンググループ
【環境省】食品循環資源の再生利用等の促進に関する法律関係省令の一部改正等の公布及び意見募集(パブリックコメント)の結果について(お知らせ)
【経済産業省/資源エネルギー庁】日本のエネルギー2023
【金融庁】「サステナビリティ投資商品の充実に向けたダイアログ」(第2回)議事次第
【文部科学省】宇宙開発利用部会(第83回) 配付資料

一覧へ