国際業務

各法域での実務への深い理解と豊富な実績に基づき、アジア各地に所在する拠点と広範なグローバル・ネットワークを最大限活用し、日本発祥の国際的法律事務所として、日常的な法律相談、コンプライアンス体制構築からM&A、プロジェクト、紛争解決に至るまで多様な法的側面において国際社会で活躍する企業をサポートしています。

「人治から法治への過渡期」、ダイナミックに変化する中国法務。中国ビジネスを成功に導くための法務戦略を提供。 

日韓両国の実情を踏まえた的確且つ広範囲なリーガル・サービスを提供しています。

台湾の実情を知る日台の弁護士が、案件毎にチームを組んでサポートします。

シンガポールでビジネスを行う日系企業及び地域統括会社向けに幅広くアドバイスを提供しています。

現地法律事務所との経営統合により飛躍的に充実した体制を基盤として、幅広いリーガル・サポートを提供しています。

最新の法律及び実務に関する深い理解を背景に、幅広いミャンマー案件に対応できる体制を整えています。

ベトナム案件に関する長年の蓄積をベースに、様々な案件に対応できる体制を整えています。

インドネシアの法律及び実務についての豊富な経験と幅広い案件に柔軟に対応できる体制を整えています。

幅広く案件に対応できる体制を整え、多くの日本企業のフィリピンビジネスをサポートしています。

マレーシアにおける豊富な案件の経験に基づき、充実したリーガル・サポートを提供します。

最新の法律及び実務に関する深い理解を背景に、幅広いカンボジア案件に対応できる体制を整えています。

メコン地域の法律実務を踏まえ、幅広いラオス案件に対応できる体制を整えています。

インド業務におけるパイオニアとして、幅広い案件に対応できる体制を整えています。

バングラデッシュにおいて案件及び政府機関調査で培った知見を活かし、日本企業に的確なサポートを提供します。

当事務所は、スリランカの法制度に関する知見及び現地法律事務所とのネットワークをもとに、的確なサポートを提供します。

企業活動や投資の国際化の中でEU及び加盟国の法規制の意味が重要度を増しています。

ブラジル・メキシコをはじめとして、中南米各国における日本企業のビジネスを幅広く柔軟にサポートしています。

トルコ・中東各国における日本企業のビジネスを幅広く柔軟にサポートしています。

日本とイスラエルの間のビジネスを強力にサポートします。

大きな可能性を秘めた市場であるロシア・CIS諸国への進出を法務面からサポートいたします。

アフリカ各国における日本企業のビジネスを幅広く柔軟にサポートしています。

国際業務:弁護士等

一覧へ

国際業務:特集

国際業務:ニュースレター

MHM Asian Legal Insights
MHM Asian Legal Insights 第138号(2022年5月号)
【今月のトピック】
ミャンマー・ベトナム・インド・シンガポール・タイ
MHM VIETNAM NEWSLETTER
Amendment of the Caps on Overtime in the Context of COVID-19 Pandemic
Client Alert
Client Alert 2022年5月号(Vol.101)
CAPITAL MARKETS BULLETIN
米国証券取引員会(SEC)によるSPAC制度改正案の公表
MHM Asian Legal Insights
MHM Asian Legal Insights 第137号(2022年4月号)
【今月のトピック】
フィリピン・インドネシア・タイ・シンガポール・マレーシア・ミャンマー

ニュースレター トップページへ

国際業務:ニュース

メディア
小野寺 良文 弁護士のコメントが、2022年5月11日付MLexの『Comment: China's patent practices should be closely monitored amid shifts in technology and policy』と題した記事に掲載されました
お知らせ
オンデマンド配信セミナー「グローバルデータコンプライアンス~世界各国のデータ保護法の最新動向~(2022年5月)」を公開しました
メディア
大川 信太郎 弁護士のインタビューが、NewsPicksの『【QA】弁護士と学ぶ、ビジネスに出てくる経済安保』と題した記事に掲載されました
お知らせ
オンデマンド配信セミナー「日米による対ロシア・ベラルーシ制裁の強化と日本企業に求められる対応(4月19日アップデート版)」を公開しました
受賞等
The 13th edition of The Best Lawyers in Japan™ 及びBest Lawyers: Ones to Watch in Japan™にて高い評価を得ました

一覧へ

国際業務:セミナー・講演

2022年7月5日外部セミナー
『企業法務研究部会~第2回例会:”ビジネスと人権”に関する国際的な潮流と日本企業に求められる対応』
2022年6月8日外部セミナー
『米国の個人データ保護制度に関する最新動向と今後の展望:包括的な州法(CPRA、ヴァージニア州、コロラド州、ユタ州)・子どものプライバシーに関する連邦法案/カリフォルニア州法案を中心に』
2022年6月1日外部セミナー
『インドネシアの労働法制と労務管理のポイント』
2022年5月31日外部セミナー
『日本化学品輸出入協会対象セミナー』
2022年5月30日外部セミナー
『グローバル(欧米・アジア/BRICs)データ保護規制の要点比較と最新実務対応』

一覧へ

国際業務:著書・論文

雑誌 論文
「企業法務のための経済安全保障 第5回 経済安全保障を読み解く主要11分野 ――サプライチェーン強靭化、基幹インフラの機能維持」
雑誌 論文
「Global Legal Insights - International Arbitration 2022」
書籍
『実務 中国労働法 日中対比で学ぶ最新労務管理』
論文
「The International Comparative Legal Guide to: Enforcement of Foreign Judgments 2022 - Japan Chapter」
書籍
『外為法に基づく投資管理―重要土地等調査法・FIRRMAも踏まえた理論と実務』

一覧へ

国際業務:法務トピックス

【総務省】タイ王国国家放送通信委員会との放送・通信分野の協力に関する覚書の署名
【法務省】古川禎久法務大臣が、「法の支配を推進するため、司法外交を展開する議員連盟」から、「ウクライナ情勢を巡る我が国の対応に関する提言」を受け取りました。(令和4年4月21日)
【経済産業省】ウクライナ情勢に関する外国為替及び外国貿易法に基づく措置を実施します(ロシアからの一部物品の輸入禁止措置)
【外務省】ウクライナ情勢に関する外国為替及び外国貿易法に基づく措置について
【財務省】ウクライナ情勢に関する外国為替及び外国貿易法に基づく措置について(令和4年4月12日)

一覧へ