ライフサイエンス

変化が加速するライフサイエンス分野において、薬事・医事に関する豊富な専門知識を有する弁護士が、他の様々な法分野における専門家集団とも協働しつつ、総合的なリーガル・サービスを提供しています。

 高齢化やグローバル化の急速な進展等を背景として、ライフサイエンス分野は重要な成長分野として世界的に注目を集めるとともに、異業種の参入やオープンイノベーションの進展など、業界を取り巻く環境の変化も加速しています。これに伴い、ライフサイエンス分野における法的ニーズも多様化しており、薬事・医事に関する専門知識だけでなく幅広い分野に亘る総合的な法的戦略を構築することが求められています。

 当事務所は、長年に亘って国内外の製薬会社、研究機関、バイオベンチャーをはじめとするクライアントに対し、幅広いリーガル・サービスを提供してきた実績を有しています。そして、薬事規制やライセンス、知的財産争訟のみならず、M&A、ファイナンス、会社法関連、消費者対応等の幅広い分野において、ライフサイエンス業界の特殊性にも配慮しつつ、迅速かつ的確なアドバイスを提供しています。

 また、当事務所の薬事医事プラクティスグループでは、研究会を定期的に開催するなど、最新の薬事規制等の研究・分析のみならず、実務を通じて獲得した各弁護士の知識・経験を共有することにより、依頼者の皆様へ適切なアドバイスを提供できる体制を構築しています。
 

ライフサイエンス:弁護士等

一覧へ

ライフサイエンス:ニュースレター

HEALTHCARE NEWSLETTER
Healthcare Law Updates ~2024年5月号~
HEALTHCARE NEWSLETTER
Healthcare Law Updates ~2024年3月号~
HEALTHCARE NEWSLETTER
Healthcare Law Updates ~2024年1月号~
HEALTHCARE NEWSLETTER
医薬品の販売制度に関する検討会 とりまとめについて
HEALTHCARE NEWSLETTER
大麻取締法の改正

ニュースレター トップページへ

ライフサイエンス:ニュース

受賞等
辰野 嘉則 弁護士がALBのLitigators of Asia 2023に選出されました
受賞等
Chambers Asia-Pacific 2024にて高い評価を得ました
受賞等
Chambers Asia-Pacific 2023にて高い評価を得ました
受賞等
IFLR1000’s 32nd editionにて高い評価を得ました
受賞等
Chambers Asia-Pacific 2022にて高い評価を得ました

一覧へ

ライフサイエンス:セミナー・講演

2024年6月19日外部セミナー
『知らないと危険!「広告規制の基本セミナー」景品表示法(ステマ規制他)/著作権法/不正競争防止法』
2024年6月12日事務所主催オープンセミナー
【申込受付中】『EUのAI Act、Dataに関する最新法規制解説セミナーシリーズ・第1回「EUのAI Act:日本企業への影響と実務上の対応策」』
2024年2月24日外部セミナー
『市民社会とトリアージー今後の人文社会学的議論に向けた論点整理―』
2024年1月29日外部セミナー
『プログラムの医療機器該当性の判断とその相談実務』
2023年11月14日~2023年11月30日外部セミナー
『医療機器プログラムにおける該当性判断のポイントと事業化への留意点』

一覧へ

ライフサイエンス:著書・論文

論文
「Animal Experimentation Regulations in Japan and Recommended Legal Education」
雑誌 論文
「漏えい等事案に関する個人情報保護委員会の動向と実務上の要点」
「メタバース・生成AIの知的財産法上の課題と企業対応(後編)─特許法・商標法・意匠法・不正競争防止法─」
雑誌 論文
「メタバース・生成AIの知的財産法上の課題と企業対応(前編)著作権法」
雑誌 論文
「生成AIの登場とシンガポール及び日本のAIガバナンスに関する対応方針―他の主要地域との比較を踏まえて―」

一覧へ

ライフサイエンス:法務トピックス

【文部科学省】HPCI計画推進委員会(第58回)配付資料
【個人情報保護委員会】第279回個人情報保護委員会
【厚生労働省】後発品の安定供給に関連する情報の公表等に関するガイドライン(案)に対する意見募集について
【内閣府】食品健康影響評価におけるベンチマークドーズ法の活用に関する指針の一部改正に関する審議結果(案)についての意見・情報の募集について
【文部科学省】ヒトの受精胚に関する研究倫理指針の改正について

一覧へ