労働法務

増大する労働法リスクに対応するため、豊富な経験と高度な専門知識を有する弁護士がサポートします。

 当事務所では、近年複雑化する労働法分野に対応するため、最新の法律・判例等の知識の研鑽に努めることは勿論、実務における豊富な経験を有する各弁護士が密接に協働してクライアントへのサービスを行っています。また、当事務所が伝統的に培ってきた紛争解決に関するノウハウをもとにした訴訟対応、M&Aや事業再編の人事・労務アドバイス、労働組合対応、日常の労働相談など、労働法分野のあらゆる場面において最良のリーガル・サービスを提供します。
 

パンフレットダウンロード

豊富な経験をもとにした「実務に活きる」リーガル・サービスを提供します。

従業員不正については、証拠保全のための初動対応が極めて重要であり、また、事実調査及びメディア対応等の巧拙が企業に与える影響も大きいといえます。当事務所では、豊富な経験に基づいて、従業員不正への対応について迅速かつ万全のサポートをいたします。

ハラスメントは、どのような企業でも絶えず発生するコンプライアンス問題であり、実効的な予防策の整備はもとより、有事の場合の迅速・適切な対応が肝要です。当事務所ではハラスメントを防止するための予防法務に力を入れるとともに、起きてしまったハラスメントについても、労働法に関する確かな知識を元に効果的に対応いたします。

労働法務:弁護士等

一覧へ

労働法務:ニュースレター

US LEGAL BULLETIN
米国連邦取引委員会:競業避止義務条項を禁止する最終規則の承認
Client Alert
Client Alert 2024年5月号(Vol.125)
Client Alert
Client Alert 2024年4月号(Vol.124)
ANTITRUST/COMPETITION NEWSLETTER
中国の事業者集中の申告基準の改正/公取委、「特定受託事業者に係る取引の適正化に関する検討会」報告書を公表
Client Alert
Client Alert 2024年3月号(Vol.123)

ニュースレター トップページへ

労働法務:ニュース

受賞等
The Best Lawyers in Japan™ 及びBest Lawyers: Ones to Watch in Japan™ (2025 edition)にて高い評価を得ました
受賞等
The Legal 500 Asia Pacific 2024にて高い評価を得ました
受賞等
Chambers Asia-Pacific 2024にて高い評価を得ました
メディア
南谷 健太 弁護士のコラムが、Harvard Alumni for Climate and the Environment(HACE)に掲載されました
受賞等
asialaw 2023-24にて高い評価を得ました

一覧へ

労働法務:セミナー・講演

2024年5月17日外部セミナー
『買主側M&A:関連する労働法上の論点及びM&A後の紛争』
2024年5月15日事務所主催セミナー
名古屋ビジネスロー研究会(第81回)『ハラスメント対応実務 最前線』
2024年5月8日外部セミナー
『《日系企業が押さえておくべき》中国赴任者のための『中国労働法』の基礎知識』
2024年4月17日事務所主催セミナー
『ハラスメント対応実務 最前線』(第224回ビジネスロー研究会)
2024年3月12日外部セミナー
『「台湾の労働法制と労務管理のポイント」~台湾の労働法制の特徴と最新実務動向~』

一覧へ

労働法務:著書・論文

雑誌 論文
「なぜ人事労務にとって“パブリックヘルス”が重要なのか」
論文
「弁護士が精選!重要労働判例 - 第378回 社会福祉法人秀峰会(勤務状況に問題がある労働者に対する新部門への配転命令の有効性)事件」
書籍
『詳解 賃金関係法務』
雑誌 論文
「従業員の海外勤務をめぐる法的留意点」
雑誌 論文
「新しい働き方の課税関係とリスクは デジタルノマドの展望 ― 法人編 PE該当性を適切に判断できるか」

一覧へ

労働法務:法務トピックス

【厚生労働省】「特定受託事業者の就業環境の整備に関する検討会」の報告書を公表します
【厚生労働省】第9回特定受託事業者の就業環境の整備に関する検討会
【経済産業省】イノベーション創出の促進を狙うマネジメント層の方必見!「知財エコシステム活性化のカギとなる女性活躍事例」を公表します
【厚生労働省】第10回雇用政策研究会資料
【厚生労働省】「女性活躍に関する調査」の報告書を公表します

一覧へ