労働法務

増大する労働法リスクに対応するため、豊富な経験と高度な専門知識を有する弁護士がサポートします。

 当事務所では、近年複雑化する労働法分野に対応するため、最新の法律・判例等の知識の研鑽に努めることは勿論、実務における豊富な経験を有する各弁護士が密接に協働してクライアントへのサービスを行っています。また、当事務所が伝統的に培ってきた紛争解決に関するノウハウをもとにした訴訟対応、M&Aや事業再編の人事・労務アドバイス、労働組合対応、日常の労働相談など、労働法分野のあらゆる場面において最良のリーガル・サービスを提供します。

パンフレットダウンロードへ

豊富な経験をもとにした「実務に活きる」リーガル・サービスを提供します。

従業員不正については、証拠保全のための初動対応が極めて重要であり、また、事実調査及びメディア対応等の巧拙が企業に与える影響も大きいといえます。当事務所では、豊富な経験に基づいて、従業員不正への対応について迅速かつ万全のサポートをいたします。

ハラスメントは、どのような企業でも絶えず発生するコンプライアンス問題であり、実効的な予防策の整備はもとより、有事の場合の迅速・適切な対応が肝要です。当事務所ではハラスメントを防止するための予防法務に力を入れるとともに、起きてしまったハラスメントについても、労働法に関する確かな知識を元に効果的に対応いたします。

労働法務:弁護士等

一覧へ

労働法務:ニュースレター

Client Alert
Client Alert 2022年5月号(Vol.101)
Client Alert
Client Alert 2022年4月号(Vol.100)
Client Alert
Client Alert 2022年3月号(Vol.99)
Client Alert
Client Alert 2022年2月号(Vol.98)
Client Alert
Client Alert 2022年1月号(Vol.97)

ニュースレター トップページへ

労働法務:ニュース

メディア
蔦 大輔 弁護士が、Indeedウェブサイト『引抜行為は懲戒解雇の対象になる? 引抜行為の違法性について解説』と題した記事に掲載されました
受賞等
The 13th edition of The Best Lawyers in Japan™ 及びBest Lawyers: Ones to Watch in Japan™にて高い評価を得ました
メディア
宇賀神 崇 弁護士のコメントが、日刊工業新聞のWebメディア ニュースイッチの『「越境リモートワーク」運用に法規制にはあいまいさも』と題した記事に掲載されました
受賞等
The Legal 500 Asia Pacific 2022にて高い評価を得ました
受賞等
Chambers Asia-Pacific 2022にて高い評価を得ました

一覧へ

労働法務:セミナー・講演

2022年6月23日外部セミナー
『中国現地の労務管理の実務』
2022年6月7日外部セミナー
『ベトナムの労働法制と労務管理のポイント』
2022年6月1日外部セミナー
『インドネシアの労働法制と労務管理のポイント』
2022年5月31日外部セミナー
『中国現地の労務管理のポイント〜中国労務管理の特徴から新たに施行される個人情報保護法への対応も含めた最新トピックまで〜』
2022年4月25日外部セミナー
『業務委託・一人親方・個人事業主に発注するリスクと対応策』

一覧へ

労働法務:著書・論文

雑誌 論文
「<Q&A>最近の労働者派遣・業務委託を巡る実務対応」
雑誌 論文
「実務に役立つ法律基礎講座(81)外国人労働者」
論文
「弁護士が精選! 重要労働判例 - 第309回 エイシントラスト元代表取締役(元代表取締役への未払い割増賃金相当額の損害賠償請求)事件」
論文
「The International Comparative Legal Guide to: Employment & Labour Law 2022 - Expert Analysis Chapter」
論文
「The International Comparative Legal Guide to: Employment & Labour Law 2022 - Japan Chapter」

一覧へ

労働法務:法務トピックス

【厚生労働省】知って役立つ労働法~働くときに必要な基礎知識~(令和4年5月更新版)
【内閣官房】新しい資本主義実現会議(第7回)
【厚生労働省】令和4年度第2回雇用政策研究会資料
【内閣府】第10回 税制調査会(2022年5月17日)資料一覧
【経済産業省】「人材版伊藤レポート2.0」を取りまとめました

一覧へ