観光/インバウンド

我が国においては、観光立国に向けた政府の各種施策や東京オリンピックに向けた機運の盛り上がりにより、観光ビジネスをめぐる動きが近年非常に活発になっています。また、住宅宿泊事業法や旅行業法、IRやMaaSなどに関連する政省令やガイドライン、通知等の改正も相次いでおり、具体的な案件に対して法的な助言が求められる場面も増えてきております。

当事務所では、これまで観光ビジネスに関わる国内外のクライアントの皆様に、大小様々な案件において法的サービスを提供してまいりました。当事務所は、観光/インバウンドに対する機運が急速に高まった2018年、国内の法律事務所に先駆けて、これまでの案件対応を通じて培ってきた知見を集約し、より先端的な法的サービスを提供するため、観光法プラクティスグループを結成しました。

観光法プラクティスグループにおいては、結成以来の具体的な案件ごとのアドバイスにおいて蓄積された知見を活かして出版やセミナーなどを通じて観光法に関する知見の周知に取り組んでいるほか、様々な官公庁や業界団体との関係、及び観光ビジネスの最先端で事業展開を行う国内外の事業者とのネットワークをもとに、大規模法律事務所としての総合力を生かして先端的な法的サービスを提供し、クライアントの皆様の事業の発展と我が国の観光ビジネスの成長に寄与するよう活動を行っております。


観光法プラクティスグループでは、2019年12月、観光/インバウンドに関連する様々な法令等について体系的に整理した書籍として、『ガイダンス インバウンド・観光法』を発刊しております。同書籍の詳細については以下をご参照ください。












書籍:『ガイダンス インバウンド・観光法』

観光/インバウンド:弁護士等

一覧へ

観光/インバウンド:特集

観光/インバウンド:ニュースレター

TOURISM INBOUND NEWSLETTERGo To Travelキャンペーン制度に関する法的諸論点
TOURISM INBOUND NEWSLETTERビジネストラック制度の概要と法的諸論点
TOURISM INBOUND NEWSLETTERGo To Eatキャンペーン及びGo To Eventキャンペーンの概要と実務上の留意点

一覧へ

観光/インバウンド:ニュース

メディア
高宮 雄介 弁護士の旅館業法に関するコメントが、毎日新聞1面『発熱客宿泊 拒めない、Go Toあいまい 旅館苦慮』と題した記事に掲載されました
メディア
高宮 雄介 弁護士の旅館業法に関するコメントが、毎日新聞長野県版『客拒めず 悩む宿泊施設 旅館業法の縛り』と題した記事に掲載されました
公益活動
高宮 雄介 弁護士が観光庁「ビーチの観光資源としての活用に関する協議会」オブザーバーに就任しました

一覧へ

観光/インバウンド:セミナー・講演

2020年10月8日~2020年11月7日事務所主催セミナー
『MHM観光法務セミナー ~新型コロナウイルス禍のもとでのホテル・旅館ビジネスと法』

一覧へ

観光/インバウンド:著書・論文

雑誌 論文
「契約・株主総会・人事労務・独禁法・観光に関する法務FAQ」
雑誌 論文
「<日本を自転車で巡ろう>法律の観点から見たサイクルツーリズム」
書籍 論文
『ガイダンス インバウンド・観光法』
雑誌 論文
「住宅宿泊事業法(いわゆる民泊新法)のガイドラインについて」
雑誌 論文
「住宅宿泊事業法(いわゆる民泊新法)の政省令について」

一覧へ

観光/インバウンド:法務トピックス

【観光庁】「特定複合観光施設区域整備法に基づく区域整備計画の認定等に関する省令(仮称)の案」及び「特定複合観光施設区域整備法に基づく区域整備計画の認定に必要な事項等を定める告示(仮称)の案」に関する意見募集の結果について
【観光庁】「特定複合観光施設区域整備法第九条第十項の期間を定める政令(仮称)の案」に関する意見募集の結果について
【観光庁】特定複合観光施設区域整備法第5条第1項の規定に基づく「特定複合観光施設区域の整備のための基本的な方針(案)」に関する意見募集の結果について
【観光庁】「特定複合観光施設区域整備法第九条第十項の期間を定める政令(仮称)の案」に関する意見募集の結果について
【観光庁】IR整備法に基づく基本方針の決定等について

一覧へ