企業不正関連訴訟

これまでの当事務所の紛争解決や訴訟の豊富な知識・経験をもとに、企業の危機・不祥事の発生時から、訴訟回避も念頭におきつつ、訴訟も見据えた的確な助言を行うとともに、訴訟になった場合にも、企業の正当な利益の擁護に全力を尽くします。

企業の危機・不祥事が発生した後、株主、投資家、従業員、消費者等が企業や役職員の責任を追及する訴訟等にまで発展する事例は、近時のコンプライアンス意識の高まりも相まって、珍しくなくなってきています。また、企業活動のグローバル化に伴い、国内のみならず海外における訴訟リスクもますます高まっています。そのため、危機・不祥事発生時から、訴訟を見据えた対応を行うことはこれまで以上に重要になっています。

当事務所は長年にわたり紛争解決や訴訟に取り組んできただけでなく、これまで世間の関心が高い企業の重大な危機・不祥事に端を発した訴訟にも数多く関わってきました。これらの当事務所の豊富な知識・経験をもとに、企業の危機・不祥事の発生時から、可能な限り訴訟回避も念頭におきつつ、将来的に発生が予想し得る訴訟発生も見据えた的確な助言を行うとともに、訴訟になった場合にも、企業の正当な利益の擁護に全力を尽くします。

企業不正関連訴訟:弁護士等

一覧へ

企業不正関連訴訟:ニュース

メディア
山内 洋嗣 弁護士のコメントが、日本経済新聞38面(社会面)・電子版『観光船業界、安全対策急ぐ 膨らむコスト「中小に重く」』と題した記事に掲載されました
メディア
山内 洋嗣 弁護士へのインタビューが、日本経済新聞19面(法税務面)・電子版『法トーク 公益通報保護、全社で対応を』と題した記事に掲載されました

一覧へ

企業不正関連訴訟:セミナー・講演

2022年12月15日外部セミナー
『森・濱田松本法律事務所 / FRONTEO共催オンラインセミナー「企業不祥事への初動対応~法務・コンプライアンス担当者に求められる4つの力~」』
2022年12月9日外部セミナー
『第5007回金融ファクシミリ新聞社セミナー「不正対応の急所ー不正調査の初動対応総点検と公益通報者保護法を踏まえた調査のポイントを解説ー」』
2022年10月27日~2022年12月27日外部セミナー
『攻めのコンプラから「売れる」コンプラへ!~桃栗3年、コンプラ8年~』
2022年10月18日外部セミナー
『今また日本社会を脅かす品質データ偽装の真因とデジタル・フォレンジックの活用について』
2022年10月7日外部セミナー
『企業不祥事発覚時に監査役等がとるべき対応とその勘所 ~品質不正・トップマネジメントの不祥事・ビジネスと人権の事例を通じて~』

一覧へ

企業不正関連訴訟:著書・論文

講演録
「今また日本社会を脅かす 品質データ偽装の真因とデジタル・フォレンジックの活用について」
雑誌 論文
「<第95回 監査役全国会議 開催概要>講演Ⅰ予測困難な時代のリスク対応において監査役等に求められる役割」
雑誌 論文
「類型別 不正・不祥事への初動対応(終)企業幹部の私生活上の犯罪」
雑誌 論文
「類型別 不正・不祥事への初動対応 第5回 環境汚染」
雑誌 論文
「改正公益通報者保護法の概要」

一覧へ

企業不正関連訴訟:法務トピックス

【公正取引委員会】令和4年5月25日付 事務総長定例会見記録

一覧へ