尾本 太郎

パートナー

尾本 太郎

おもと たろう

プロフィールを印刷

言語
日本語英語

Best for the clientsという事務所の設立理念に忠実に、常に依頼者の皆様とともに歩む弁護士でありたいと考え、日々の業務に精進しております。皆様とのご縁を大切にこれからも誠心誠意歩んでまいりたいと考えております。どうぞよろしくお願いいたします。

連絡先

TEL
03-6212-8307
FAX
03-6212-8207

取扱分野

尾本 太郎:受賞等

受賞等
Chambers Global 2019にて高い評価を得ました
受賞等
Chambers Asia Pacific 2019にて高い評価を得ました
受賞等
The Ninth Edition of Best Lawyers in Japanにて高い評価を得ました

一覧へ

尾本 太郎:ニュース

メディア
尾本 太郎 弁護士のインタビュー記事が、日経産業新聞18面『弁護士尾本太郎氏―高配当でも投資家及び腰、インフラファンド市場、増えぬ上場(ビジネスQ&A)』と題した記事に掲載されました
公益活動
尾本 太郎 弁護士が慶應義塾大学大学院法務研究科(法科大学院)非常勤講師に就任しました
メディア
月刊プロパティマネジメントにて、尾本 太郎 弁護士のインタビュー記事が掲載されました

一覧へ

尾本 太郎:特集

尾本 太郎:ニュースレター

平成31年度税制改正大綱について ダウンロードPDF
近時の法改正(建築基準法の改正)について ダウンロードPDF
民法改正のポイント ダウンロードPDF

一覧へ

尾本 太郎:セミナー・講演

2018年11月20日事務所主催セミナー
『拡大するASEANインフラ投資・ファンド~最新動向と今後の展望~』セミナー・レセプション
2018年1月9日外部セミナー
『航空機ファイナンスにおける 航空会社倒産リスクへの有効な対応策-ファイナンサーが多大な影響を受けないために-』
2017年8月31日外部セミナー
『航空機ファイナンスにおける6つの権利保全』

一覧へ

尾本 太郎:著書・論文

雑誌 その他
「Japan Lawyers Guide 2017/18」
書籍 論文
『Doing Business in Japan』
「インフラファンド市場への上場に係る実務上の留意点」

一覧へ

尾本 太郎:関与した研究報告書等

尾本 太郎:その他

経歴

1995年
私立慶應義塾志木高等学校卒業
1999年
慶應義塾大学法学部法律学科卒業
2005年
ハーバード大学ロースクール修了(LL.M.(Completed International Finance Concentration))
2005年
Slaughter and May法律事務所(ロンドンオフィス)にて執務(~2006年)

主な活動

  • 2000年 第二東京弁護士会環境保全委員会(環境配慮部会にて、排出権取引、環境マネジメントシステムなどを担当)
  • 2007年 金融ADR・オンブズマン研究会メンバー
  • 2009年 中央大学法科大学院兼任講師(企業金融と法)(~2015年)
  • 2016年 慶應義塾大学大学院法務研究科(法科大学院)非常勤講師
  • 2016年 中央大学法科大学院客員講師(企業金融と法)(~2018年)

所属プラクティスグループ

  • REITプラクティスグループ
  • コーポレートファイナンス/キャピタルマーケッツプラクティスグループ
  • 金融規制・法務プラクティスグループ

弁護士登録

2000年10月 弁護士登録
第二東京弁護士会 所属
2006年5月 ニューヨーク州弁護士登録
ニューヨーク州弁護士会 所属