田井中 克之

パートナー

田井中 克之

たいなか かつゆき

プロフィールを印刷

言語
日本語英語

キャピタル・マーケッツ分野において、国内外の株式、債券、ハイブリッド商品等の発行や企業継続開示について幅広く深い知見を有しています。近時は、ESG・SDGsに焦点を当てて取り組んでおり、所内のプラクティス・グループを主宰しています。
企業への出向経験と証券アナリスト検定会員資格を活かして、ご相談事項の本質を意識した上での実効的なアドバイスをご提供いたします。

連絡先

TEL
03-6266-8596
FAX
03-6266-8496

取扱分野

田井中 克之:受賞等

受賞等
The Legal 500 Asia Pacific 2023にて高い評価を得ました
受賞等
Chambers Asia-Pacific 2023にて高い評価を得ました
受賞等
Who’s Who Legal: Japan 2022にて当事務所の弁護士が選出されました

一覧へ

田井中 克之:ニュース

事務所関連情報
パートナーおよびカウンセル就任のお知らせ
事務所関連情報
パートナーおよびオブ・カウンセル就任のお知らせ
事務所関連情報
新人弁護士(19名)が入所しました

一覧へ

田井中 克之:特集

田井中 克之:ニュースレター

生物多様性・自然資源の未来 -COP15を中心に- ダウンロードPDF
令和4年度ディスクロージャーワーキング・グループ報告の公表
~四半期開示の見直しの方向性とサステナビリティ開示のロードマップ~
ダウンロードPDF
2023年3月期有報から適用
サステナビリティ情報等に係る企業内容等開示府令等の改正案の概要
ダウンロードPDF

一覧へ

田井中 克之:セミナー・講演

2023年2月15日外部セミナー
『第5072回金融ファクシミリ新聞社セミナー「2023年3月期有価証券報告書から始まるサステナビリティ法定開示を正しく理解する」』
2022年12月13日外部セミナー
『コーポレート戦略に関するセミナー(2022年度 第6回)「サステナビリティに関する有価証券報告書の新しい開示」』
2022年4月13日外部セミナー
『第4842回金融ファクシミリ新聞社セミナー 「上場会社に求められるサステナビリティ開示の基礎・実務・実例~金融審議会の最新議論を踏まえ法的ポイントをおさらい~」』

一覧へ

田井中 克之:著書・論文

書籍
『図解分析 日本のトップ100社のコーポレート・ガバナンス』
雑誌 論文
「会社法務 有報におけるサステナビリティ開示義務化に向けた準備」
雑誌 論文
「金融審議会ディスクロージャーワーキング・グループ報告が示すサステナビリティ開示の義務化の方向性」

一覧へ

田井中 克之:その他

経歴

2000年
私立開成高等学校卒業
2004年
東京大学法学部卒業
2006年
東京大学法科大学院修了
2013年
ペンシルベニア大学ロースクール修了(LL.M., Wharton Business and Law Certificate)
2013年
Slaughter and May法律事務所(ロンドンオフィス)にて執務(~2014年)
2014年
三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社投資銀行本部に出向(~2015年)

所属プラクティスグループ

  • コーポレートファイナンス/キャピタルマーケッツプラクティスグループ
  • ESG・SDGsプラクティスグループ
  • 保険・年金プラクティスグループ

弁護士登録

2007年12月 弁護士登録
第二東京弁護士会 所属
2014年5月 ニューヨーク州弁護士登録
ニューヨーク州弁護士会 所属

その他資格等

2015年 公益社団法人日本証券アナリスト協会検定会員登録