堀尾 貴将

パートナー

堀尾 貴将

ほりお たかまさ

プロフィールを印刷

言語
日本語英語

医薬品、医療機器に関するヘルスケア産業分野を中心に、M&A、製造委受託、技術移転、ライセンス等の企業間取引を取り扱っております。
また、厚生労働省医薬・生活衛生局における執務経験を活かし、危機管理、規制当局対応を含め、薬事レギュレーションに関するご相談を幅広く承っております。

連絡先

TEL
03-6266-8781
FAX
03-6266-8681

取扱分野

堀尾 貴将:受賞等

受賞等
The 13th edition of The Best Lawyers in Japan™ 及びBest Lawyers: Ones to Watch in Japan™にて高い評価を得ました

一覧へ

堀尾 貴将:ニュース

公益活動
堀尾 貴将 弁護士が公益財団法人医療機器センター「継続的研修教材企画委員会」委員に就任しました
公益活動
堀尾 貴将 弁護士が厚生労働省「医薬品等専用ネットワーク回線の提供一式の技術提案評価委員会」外部評価委員に就任しました
事務所関連情報
パートナーおよびカウンセル就任のお知らせ

一覧へ

堀尾 貴将:ニュースレター

新型コロナウイルス検査キット等をめぐる規制状況 ダウンロードPDF
医薬品・医療機器業界における危機管理について ダウンロードPDF
改正GMP省令(2021年8月1日施行)について ダウンロードPDF

一覧へ

堀尾 貴将:セミナー・講演

2022年5月31日外部セミナー
『日本SMO協会 2022年総会 特別講演「ジェネリック医薬品企業の不正事案から見えること」』
2022年5月30日~2022年6月30日外部セミナー
『静岡県 令和4年度経営層向けガバナンス研修会「ガバナンス強化に向けた法令遵守体制構築等について」』
2022年5月17日外部セミナー
『医薬品企業法務研究会(医法研)5月度月例会 講演「ライフサイエンス業界における最近の重要裁判例」』

一覧へ

堀尾 貴将:著書・論文

書籍
『ヘルステックの法務Q&A〔第2版〕』
雑誌 論文
「<事例でわかる ヘルスケア業界への異業種参入ポイント>第1回 健康食品等の開発・販売」
雑誌 論文
「医薬品医療機器等法改正―課徴金制度の導入―」

一覧へ

堀尾 貴将:その他

経歴

2001年
大阪府立茨木高等学校卒業
2006年
同志社大学法学部卒業
2008年
京都大学法科大学院修了
2016年
ノースウェスタン大学ロースクール修了(LL.M. with honors)
2016年
ノースウェスタン大学ケロッグ・スクール・オブ・マネジメント修了(Certificate in Business Administration)
2016年
Jenner & Block法律事務所(シカゴオフィス)で執務(~2017年)
2017年
厚生労働省医薬・生活衛生局(監視指導・麻薬対策課、医薬品審査管理課、医療機器審査管理課)に出向(法務指導官)(~2020年)

主な活動

  • 2020年 厚生労働省「再製造SUD基準策定等事業 再製造SUD推進検討委員会」委員(~現在)
  • 2020年 日本医療研究開発機構(AMED)「人工知能等の先端技術を利用した医療機器プログラムの薬事規制のあり方に関する研究」検討会委員(~現在)
  • 2020年 厚生労働省「大麻等の薬物対策のあり方検討会」構成員(~現在)
  • 2021年 富山県薬事審議会専門部会(医薬品製造・品質管理専門部会)専門委員(~現在)
  • 2021年 一般社団法人日本医療機器産業連合会アドバイザー(~現在)
  • 2021年 富山県GMP査察調査委員会委員(~現在)
  • 2021年 厚生労働省科学特別研究事業「国際整合性を踏まえたプログラムの医療機器該当性判断に係る論点抽出のための研究」研究協力者(~2022年)
  • 2022年 厚生労働省「医薬品等専用ネットワーク回線の提供一式の技術提案評価委員会」外部評価委員(~現在)
  • 2022年 公益財団法人医療機器センター「継続的研修教材企画委員会」委員(~現在)

所属プラクティスグループ

  • ヘルスケアプラクティスグループ
  • M&Aプラクティスグループ

弁護士登録

2009年12月 弁護士登録
第二東京弁護士会 所属
2016年 イリノイ州弁護士登録