宮岡 邦生

パートナー

宮岡 邦生

みやおか くにお

プロフィールを印刷

言語
日本語英語フランス語

訴訟/紛争解決、危機管理/規制対応、通商法等を専門とします。 紛争解決・危機管理はキャリア当初から一貫して取り組んでおり、複雑・難解な事件を数多く手掛けています。通商法についてはWTO上級委員会及び経済産業省での勤務経験を有し、WTO協定、FTA/EPA、投資協定、アンチダンピング等に精通。経済安全保障やビジネスと人権をめぐる規制や制裁も多く扱っています。

連絡先

TEL
03-6266-8738
FAX
03-6266-8638

取扱分野

宮岡 邦生:ニュース

事務所関連情報
パートナーおよびカウンセル就任のお知らせ
公益活動
宮岡 邦生 弁護士が日本国際経済法学会 第11期 理事に就任しました
メディア
宮岡 邦生 弁護士のコメントが、日本経済新聞15面『ウイグル供給網、間接取引も警戒、米規制拡大、シリコンなど20業種』と題した記事に掲載されました

一覧へ

宮岡 邦生:ニュースレター

経済安全保障推進法案のポイントと日本企業への影響 ダウンロードPDF
ウクライナ情勢を巡る主要国による対ロシア制裁の動向(速報版) ダウンロードPDF
経済安全保障とサイバーセキュリティ ダウンロードPDF

一覧へ

宮岡 邦生:セミナー・講演

2022年5月19日外部セミナー
『第4879回金融ファクシミリ新聞社セミナー「経済安全保障・人権に関する規制リスクの高まりとわが国企業の対応策~経済安全保障推進法案やウクライナ情勢も踏まえて~」』
2022年5月11日外部セミナー
『RCEP完全対応!EPAを通じた輸出入コスト削減とビジネス拡大の基本と実践』
2022年2月24日外部セミナー
『第4796回金融ファクシミリ新聞社セミナー「経済安全保障・人権に関する規制リスクの高まりとわが国企業の対応策」』

一覧へ

宮岡 邦生:著書・論文

雑誌 論文
「経済安全保障をめぐる各国の規制・制裁の最新動向と企業に求められる対応(下)」
雑誌 論文
「経済安全保障をめぐる各国の規制・制裁の最新動向と企業に求められる対応(上)」
雑誌 論文
「いわゆる「ターゲットダンピング」について~WTO協定解釈の到達点と限界~」

一覧へ

宮岡 邦生:その他

経歴

2000年
開成高校卒業
2004年
東京大学工学部卒業
2007年
東京大学法科大学院修了
2013年
米国コロンビア大学ロースクール卒業(LL.M.)
2013年
シンガポールTKQP Associates & Solicitorsにて執務(仲裁、訴訟業務)
2014年
シンガポール国際仲裁センター(SIAC)にて執務
2014年
経済産業省 通商政策局 参事官補佐(WTO紛争解決手続を担当)(~2016年)
2017年
世界貿易機関(WTO)上級委員会事務局 法務官(~2020年)

主な活動

  • 2009年 国際委員会(二弁)
  • 2016年 日本国際経済法学会 会員(~現在)
  • 2020年 独立行政法人経済産業研究所(RIETI)「現代国際通商・投資システムの総合的研究(第V期)」 
                 プロジェクトメンバー(~現在)
  • 2020年 日本弁護士連合会 法律サービス展開本部(国際業務推進センター)幹事(~現在)
  • 2021年 日本国際経済法学会 第11期 理事(~現在)

所属プラクティスグループ

  • 通商法プラクティスグループ
  • 国際紛争プラクティスグループ
  • 危機管理プラクティスグループ
  • AI・IoTプラクティスグループ
  • 労働法プラクティスグループ

弁護士登録

2008年12月 弁護士登録(第二東京弁護士会)
2014年 ニューヨーク州弁護士登録