眞鍋 佳奈

パートナー

眞鍋 佳奈

まなべ かな

プロフィールを印刷

言語
日本語英語

連絡先

TEL
+65-6593-9762 (シンガポール)
+95-1ー9253653 (ヤンゴン)
FAX
+65-6593-9751 (シンガポール)
+95-1-9253651 (ヤンゴン)

取扱分野

眞鍋 佳奈:受賞等

受賞等
Who’s Who Legal: Japan 2020の各分野別ランキングにて高い評価を得ました
受賞等
Who’s Who Legal: Global 2020の各分野別ランキングにて高い評価を得ました
受賞等
The 11th Edition of The Best Lawyers™ in Japanにて高い評価を得ました

一覧へ

眞鍋 佳奈:ニュース

メディア
眞鍋 佳奈 弁護士のインタビューが、朝日新聞11面『Question ミャンマーの法制度は良くなったか』と題した記事に掲載されました
事務所関連情報
シンガポール国際仲裁センターにおける商事仲裁にて、日立製作所を代理しました
メディア
小松 岳志弁護士と眞鍋 佳奈弁護士のコメントが、日本経済新聞11面『不正調査ニーズ、アジアで急増、日本企業、人権問題も火種に、法律事務所、拠点を強化』と題した記事に掲載されました

一覧へ

眞鍋 佳奈:ニュースレター

MHM Asian Legal Insights 第117号(2020年11月号)
【今月のトピック】
インド・ベトナム・ミャンマー・シンガポール・タイ
ダウンロードPDF
Myanmar Legal MHM Limited Newsletter - November Issue (English) ダウンロードPDF
MHM Asian Legal Insights 第116号(2020年10月号)
【今月のトピック】
インドネシア・シンガポール・ミャンマー・フィリピン・マレーシア・タイ
ダウンロードPDF

一覧へ

眞鍋 佳奈:セミナー・講演

2020年5月26日~2020年7月31日事務所主催セミナー
『新型コロナウイルス影響下でのミャンマーにおける労働法の論点について~従業員の欠勤・事業所の閉鎖への対応を中心に』
2020年5月15日~2020年7月31日事務所主催セミナー
『シンガポールCOVID-19暫定措置法に基づく契約上の救済措置』
2020年4月22日~2020年7月31日事務所主催セミナー
『COVID-19影響下でのミャンマーにおける事業継続』

一覧へ

眞鍋 佳奈:著書・論文

書籍 論文
『アジア新興国のM&A法制〔第3版〕』
論文
「The Anti-Bribery and Anti-Corruption Review – Japan Chapter」
論文
「The Anti-Bribery and Anti-Corruption Review – Japan Chapter」

一覧へ

眞鍋 佳奈:関与した研究報告書等

眞鍋 佳奈:その他

経歴

1995年
アーマンドハマーユナイテッドワールドカレッジ高校(米国)卒業
1999年
京都大学法学部卒業
2001年
京都大学大学院法学研究科修士課程修了
2006年
ミシガン大学ロースクール修了
2006年
Kirkland & Ellis法律事務所(ロサンゼルスオフィス)にて執務
2015年
シンガポール国際商事裁判所(Singapore International Commercial Court)の外国法弁護士として登録

主な活動

2007年 国際協力機構(JICA)カンボジア法制度整備支援プロジェクト法律アドバイザー(~2008年)

所属プラクティスグループ

  • 国際紛争プラクティスグループ
  • 競争法/独占禁止法プラクティスグループ
  • 労働法プラクティスグループ

弁護士登録

2002年10月 弁護士登録
第二東京弁護士会 所属
2007年5月 ニューヨーク州弁護士登録
ニューヨーク州弁護士会 所属
2014年 シンガポール外国法弁護士登録