パートナー

齋藤 浩貴

さいとう ひろき

プロフィールを印刷

言語
日本語英語

連絡先

TEL
03-6266-8503
FAX
03-6266-8403

取扱分野

齋藤 浩貴:受賞等

受賞等
The Ninth Edition of Best Lawyers in Japanにて高い評価を得ました
受賞等
The Eighth Edition of Best Lawyers in Japanにて高い評価を得ました
受賞等
The Seventh Edition of Best Lawyers in Japanにて高い評価を得ました

一覧へ

齋藤 浩貴:ニュース

公益活動
「ネットワーク流通と著作権制度協議会」で2つの提言が採択されました
公益活動
当事務所弁護士が事務局を務める「ネットワーク流通と著作権制度協議会」が発足しました
事務所関連情報
合併記念MHMセミナーおよびパーティーを開催しました

一覧へ

齋藤 浩貴:特集

齋藤 浩貴:ニュースレター

MHM INTELLECTUAL PROPERTY NEWSLETTER 2018年7月号(Vol. 9) ダウンロードPDF
The Supreme Court ruled that the technical scope and subject matter of a product-by-process claim invention will cover the same products, even if the products are made by a different process from the claimed process (English) ダウンロードPDF
MHM INTELLECTUAL PROPERTY NEWSLETTER 2015年春号(Vol. 6) ダウンロードPDF

一覧へ

齋藤 浩貴:セミナー・講演

2018年7月7日外部セミナー
『2018年度(第41回)日本ライセンス協会 年次大会』
2018年4月29日~2018年5月1日外部セミナー
『LESI 2018 Annual Conference -The Impact of Intellectual Property Rights on the Fourth Industrial Revolution and beyond in Asia-』
2018年4月16日外部セミナー
『AIPLAとのジョイント・ミーティング ーIoTと知財及び米国注目事件ー』

一覧へ

齋藤 浩貴:著書・論文

雑誌 講演録
「著作権法における「創作」の現在と将来」
雑誌 論文
「情報・テクノロジー法最前線(3)AI② -AI生成物の法的保護と侵害責任」
雑誌 論文
「情報・テクノロジー法最前線(2)AI① ─AIの開発を支援・促進する法制度」

一覧へ

齋藤 浩貴:その他

経歴

1983年
静岡県立富士高等学校卒業
1988年
東京大学法学部第1類卒業
1994年
ニューヨーク大学ロースクール修了
1994年
Morrison & Foerster法律事務所(サンフランシスコオフィス)にて執務(~1995年)
1995年
McCutchen, Doyle, Brown & Enersen法律事務所(サンフランシスコオフィス)にて執務

主な活動

  • 日本ライセンス協会理事(次期会長)
  • 日本国際著作権法学会監査役
  • 国際法曹協会会員
  • 日本国際知的財産保護協会会員
  • 著作権法学会会員
  • 法とコンピュータ学会会員

所属プラクティスグループ

  • 知的財産権プラクティスグループ
  • M&Aプラクティスグループ

弁護士登録

1990年4月 弁護士登録
第二東京弁護士会 所属
1995年8月 ニューヨーク州弁護士 登録
ニューヨーク州弁護士会 所属