高谷 知佐子

パートナー

高谷 知佐子

たかや ちさこ

プロフィールを印刷

言語
日本語英語

労働関連の日常相談、訴訟・紛争対応、制度構築、行政対応、組合対応等、M&Aに関連する労働法務など、幅広い業務を取り扱っています。 また、東南アジア・南アジア諸国をターゲットとするクロスボーダー案件についても豊富な経験を有しており、特にインドについては、2001年から取り組みを継続しています。

連絡先

TEL
03-5223-7717
+66-2-009-5153 (バンコク)
FAX
03-5223-7617
+66-2-009-5080 (バンコク)

高谷 知佐子:受賞等

受賞等
当事務所の弁護士がasialaw 2022, the definitive guide to Asia's leading law firms and lawyersにて高い評価を得ました
受賞等
Asia Business Law Journalにて当事務所の13名の弁護士がJapan’s Top 100 Lawyers 2021に選ばれました
受賞等
The 12th Edition of The Best Lawyers™ in Japanにて高い評価を得ました

一覧へ

高谷 知佐子:ニュース

公益活動
当事務所の弁護士が経済産業省「令和元年度産業経済研究委託事業 兼業・副業の労働時間・健康管理に関する論点整理に向けた海外制度に関する調査」において報告書を提出しました
公益活動
当事務所の弁護士が経済産業省「平成28年度産業経済研究委託事業(欧州諸国における雇用慣行及び賃金制度等に関する調査)」において報告書を提出しました
メディア
日経産業新聞にて、高谷 知佐子 弁護士のインタビュー記事が掲載されました

一覧へ

高谷 知佐子:ニュースレター

Client Alert 2016年10月号(Vol.34) ダウンロードPDF
Client Alert 2016年9月号(Vol.33) ダウンロードPDF
Client Alert 2016年8月号(Vol.32) ダウンロードPDF

一覧へ

高谷 知佐子:セミナー・講演

2020年11月20日外部セミナー
『【webセミナー】香港機能の見直しとタイへの移転の検討』
2017年5月9日事務所主催セミナー
MHM India Teamシリーズセミナー第1回『インドにおける紛争及びその対策』
2015年11月18日事務所主催セミナー
『米国労働クラスアクションの現状と日系企業の対応』

一覧へ

高谷 知佐子:著書・論文

書籍 論文
『アジア新興国のM&A法制〔第3版〕』
論文
「Chambers Global Practice Guides Employment 2020 - Japan Trends and Developments」
書籍 その他
『秘密保持・競業避止・引抜きの法律相談〔改訂版〕』

一覧へ

高谷 知佐子:その他

経歴

1987年
国立筑波大学附属高等学校卒業
1993年
東京大学法学部卒業
1999年
コーネル大学ロースクール修了
1999年
Arthur Loke Bernard Rada and Lee法律事務所(シンガポール)で執務(~2000年)
2000年
Kochhar & Co.法律事務所(ニューデリー)で執務

主な活動

  • 2013年 第二東京弁護士会労働問題検討委員会 副委員長(~現在)
  • 2014年 日本弁護士連合会国際交流委員会 副委員長(~現在)
  • 2015年 LAWASIA日本代表理事(~現在)

所属プラクティスグループ

  • 労働法プラクティスグループ
  • 国際紛争プラクティスグループ

弁護士登録

1995年 弁護士登録
第二東京弁護士会 所属
2000年 ニューヨーク州弁護士登録
ニューヨーク州弁護士会 所属