内田 修平

パートナー

内田 修平

うちだ しゅうへい

プロフィールを印刷

言語
日本語英語

連絡先

TEL
03-5220-1859
FAX
03-5220-1759

取扱分野

内田 修平:受賞等

受賞等
Who’s Who Legal: Japan 2022にて当事務所の弁護士が選出されました
受賞等
IFLR1000’s 32nd editionにて高い評価を得ました
受賞等
ALB Japan Law Awards 2022にて当事務所の5名の弁護士がIndividual Categoriesにおいてファイナリストに選出されました

一覧へ

内田 修平:ニュース

公益活動
内田 修平 弁護士が東京大学大学院法学政治学研究科 客員准教授に就任しました
メディア
内田 修平 弁護士、酒井 真 弁護士のコメントを、日本経済新聞12面『プライベート・エクイティファンドを活用した事業承継』と題した記事に掲載いたしました
メディア
内田 修平 弁護士のコメントが、日本経済新聞7面『金融業務の舞台裏(上)資産査定M&Aのキモ―労働環境まで徹底調査』と題した記事に掲載されました

一覧へ

内田 修平:特集

内田 修平:ニュースレター

「公正なM&Aの在り方に関する指針」の策定 ダウンロードPDF
平成29年度税制改正大綱を踏まえたスピンオフとスクイーズアウトの実務 ダウンロードPDF
会社法改正がキャッシュ・アウト実務に与える影響 ダウンロードPDF

一覧へ

内田 修平:セミナー・講演

2022年11月18日~2023年1月18日外部セミナー
『実務担当者のための M&A契約の基礎と実務』
2022年9月15日~2022年10月17日外部セミナー
『近時のコーポレート・ガバナンスの基礎知識と株主総会・取締役会の運営実務~会社法・CGコードについての最新動向も含め分かりやすく解説~』
2022年9月8日外部セミナー
『新任担当者のためのコーポレートガバナンス・コード解説~CGコードを踏まえた取締役会・株主総会運営の基本ポイント~』

一覧へ

内田 修平:著書・論文

雑誌 論文
「<実務問答会社法第64回>会社の財政援助による株式取得」
雑誌 論文
「「公正なM&Aの在り方に関する指針」策定後の公開買付けにおける公正性担保措置の分析」
雑誌 論文
「<SEMINAR PLUS>コーポレート・ガバナンス報告書における2021年改訂CGコード対応の概況」

一覧へ

内田 修平:その他

経歴

1998年
私立灘高等学校卒業
2002年
東京大学法学部卒業
2008年
コロンビア大学ロースクール修了(LL.M.)
2008年
Paul, Weiss, Rifkind, Wharton & Garrison 法律事務所(ニューヨークオフィス)にて執務(~2009年)
2010年
法務省民事局に出向(会社法担当)(~2013年)

主な活動

  • 2017年 京都大学法科大学院 非常勤講師(~2021年)
  • 2022年 東京大学大学院法学政治学研究科 客員准教授(~現在)

所属プラクティスグループ

  • M&Aプラクティスグループ

弁護士登録

2003年 弁護士登録
第二東京弁護士会 所属
2009年 ニューヨーク州弁護士登録