小野寺 良文

パートナー

小野寺 良文

おのでら よしふみ

プロフィールを印刷

言語
日本語英語中国語

2000年に当事務所に入所以来、内外の特許権、商標権、著作権等、知的財産法関連の訴訟、仲裁及びライセンシング契約交渉等を含む案件を数多く担当。化学・生物学のバックグラウンドを有し、多様な技術分野に関する技術的専門性の高い案件を手掛けてきた。中国及びアジア地域(ASEAN諸国及びインド等)の知的財産権業務にも多数携わり、2014年からは北京事務所首席代表を務め、現地の実務状況にも精通している。

連絡先

TEL
03-5223-7769 (東京)
+86-10-6590-9292 (北京)
FAX
03-5223-7669 (東京)
+86-10-6590-9290 (北京)

取扱分野

小野寺 良文:受賞等

受賞等
Who's Who Legal: Japan 2018にて高い評価を得ました
受賞等
The Ninth Edition of Best Lawyers in Japanにて高い評価を得ました
受賞等
Chambers Global 2018にて高い評価を得ました

一覧へ

小野寺 良文:ニュース

メディア
小野寺 良文 弁護士のコメントが、日本経済新聞2面『中国知財裁判、改善アピール、二審を最高裁に一本化、権利保護、効果は不透明』と題した記事に掲載されました
メディア
小野寺 良文 弁護士のコメントが、日本経済新聞14面『「三国志」海賊版、差し止め、コーエー、中国企業に勝訴』と題した記事に掲載されました
メディア
小野寺 良文 弁護士のコメントが、日本経済新聞夕刊14面『中国でニセ展覧会、草間さんら、法的手続き検討』と題した記事に掲載されました

一覧へ

小野寺 良文:特集

小野寺 良文:ニュースレター

Client Alert 2018年12月号(Vol.60) ダウンロードPDF
Client Alert 2018年10月号(Vol.58) ダウンロードPDF
Client Alert 2018年8月号(Vol.56) ダウンロードPDF

一覧へ

小野寺 良文:セミナー・講演

2018年12月6日事務所主催セミナー
『MHM・Fish & Richardson共同セミナー 米国特許紛争の最新動向』
2018年11月29日外部セミナー
『第23回 日中民商事法務セミナー「第4次特許法改正及び新しい知財裁判制度への期待」』
2018年11月22日外部セミナー
『New Technology(AI、IoT)の勃興と法―知財・情報保護等の最新動向』

一覧へ

小野寺 良文:著書・論文

論文
「Chambers Global Practice Guides Data Protection & Cyber Security 2019 - Japan Chapter」
書籍 論文
『ベトナムのビジネス法務』
論文
「特許権侵害訴訟における訴え提起前の証拠収集の現状と拡充策」

一覧へ

小野寺 良文:関与した研究報告書等

小野寺 良文:その他

経歴

1992年
私立高田高等学校卒業
1998年
東京大学農学部中退
2014年
森・濱田松本法律事務所北京オフィス首席代表就任

主な活動

  • 日本弁護士連合会 知的財産センター委員(国際PT)
  • 国際法曹協会会員(IBA)知的財産及びエンターテイメント委員会オフィサー
  • 東京税関 知的財産権専門委員
  • AIPPI
  • INTA
  • 日本ライセンス協会
  • 独立行政法人国際協力機構(JICA) ミャンマー「法整備支援プロジェクト」に係る知的財産法アドバイザリーグループ委員
  • 一般社団法人発明推進協会模倣被害対策アドバイザー
  • 2007年 青山学院大学法科大学院客員教授(~2015年)
  • 2013年 経済産業省「新興国知的財産エンフォースメント戦略研究会」委員(〜2014年)
  • 2017年 平成29年度特許庁「産業財産権制度各国比較調査研究等事業「諸外国における知財価値の評価に関する調査研究」ワーキンググループ」委員

弁護士登録

2000年 弁護士登録
第二東京弁護士会 所属