御代田 有恒

シニア・アソシエイト

御代田 有恒

みよだ ありつね

プロフィールを印刷

言語
日本語英語

欧米・新興国を含む国境を越えたM&A、海外進出(現地拠点・JVの設立からその運営・グループガバナンスに至るまで)、国際的なコンプライアンス・危機管理(不正・不祥事対応や調査業務、当局対応)やトラブル対応について、豊富な知識と経験を有しています。現地従業員不正、海外贈収賄、経済安全保障、いわゆる「ビジネスと人権」に関する案件も多く助言しています。国境を越えたビジネスの円滑化とさらなる拡大に貢献します。

連絡先

TEL
03-6266-8989
FAX
03-6266-8889

取扱分野

御代田 有恒:ニュース

公益活動
御代田 有恒 弁護士が日本弁護士連合会 国際活動・国際戦略に関する協議会 幹事に就任しました
公益活動
御代田 有恒 弁護士がIBA(国際法曹協会)国際商取引委員会・複雑買収分科委員会 役員に就任しました
事務所関連情報
新人弁護士(32名)が入所しました

一覧へ

御代田 有恒:特集

御代田 有恒:ニュースレター

MHM Asian Legal Insights 第142号(2022年9月号)
【今月のトピック】
タイ・ベトナム・インド・ミャンマー・シンガポール
ダウンロードPDF
経済産業省「責任あるサプライチェーンにおける 人権尊重のためのガイドライン(案)」の公表 ダウンロードPDF
アジャイル・ガバナンスと危機管理 ダウンロードPDF

一覧へ

御代田 有恒:セミナー・講演

2022年8月1日~2022年9月30日事務所主催オープンセミナー
『<人権DD連続ウェビナー(全5回シリーズ)>第4回「人権DDに関する業種別の実務上の留意点」』
2022年6月28日~2022年9月30日事務所主催オープンセミナー
『<人権DD連続ウェビナー(全5回シリーズ)>第2回「人権DDにおいて発見された負の影響への対応」』
2022年4月14日外部セミナー
『第4844回金融ファクシミリ新聞社セミナー「今、日本企業に求められる「ビジネスと人権」の実務対応のポイント」』

一覧へ

御代田 有恒:著書・論文

書籍 その他
『不正・不祥事対応における再発防止策』
雑誌 論文
「<特集2 コロナ禍を契機に見直したい 海外子会社への“新”法務対応>海外コンプライアンス違反への初動対応-初期的な事実調査、証拠保全、関連する法規制の検討」
論文
「Practice Guides Japan M&A - Corporate Governance Issues around M&A in Japan」

一覧へ

御代田 有恒:その他

経歴

2006年
私立世田谷学園高等学校卒業
2010年
早稲田大学法学部卒業
2012年
一橋大学法科大学院修了
2017年
Khaitan & Co. 法律事務所(インド共和国ムンバイ市)にて執務
2017年
Shardul Amarchand Mangaldas & Co法律事務所(インド共和国デリー市)にて執務
2018年
ニューヨーク大学ロースクール修了
2018年
Covington & Burling法律事務所(ワシントンDCオフィス)にて執務 (~2019年)

主な活動

  • 2020年 国際法曹協会(IBA)国際商取引委員会・複雑買収分科委員会役員
  • 2020年 一橋大学大学院法学研究科 非常勤講師
  • 2021年 日本弁護士連合会 国際活動・国際戦略に関する協議会 幹事(~現在)

弁護士登録

2013年12月 弁護士登録
第二東京弁護士会 所属
2019年6月 ニューヨーク州弁護士登録