田中 浩之

パートナー

田中 浩之

たなか ひろゆき

プロフィールを印刷

言語
日本語英語

個人情報、知的財産、ITを3本柱としています。日本の個人情報保護法の平時・有事対応及び欧州GDPR・米国CCPA・タイPDPA等のグローバルデータ保護法案件を数多く手掛けており、日本企業の実情と執行リスクを踏まえたリスク・ベースド・アプローチによる助言を心がけています。国内外の知的財産法・IT(システム開発、アプリ・ゲーム等)に関する業務を取り扱っており、訴訟・紛争解決案件の経験が豊富です。

連絡先

TEL
03-6266-8597
FAX
03-6266-8497

取扱分野

田中 浩之:受賞等

受賞等
asialaw Profilesによる"asialaw Leading Lawyers 2021"にて高い評価を得ました
受賞等
Who’s Who Legal: Japan 2020の各分野別ランキングにて高い評価を得ました
受賞等
The 11th Edition of The Best Lawyers™ in Japanにて高い評価を得ました

一覧へ

田中 浩之:ニュース

メディア
田中 浩之 弁護士のコメントが、日本経済新聞11面『個人情報保護 企業対応遅れ 米加州で本格始動、違反に罰則 詳細の確定遅く/漏洩時にリスク』と題した記事に掲載されました
メディア
田中 浩之 弁護士のコメントが、日本経済新聞電子版『社員の新型コロナ感染 「公表したくない」にリスク(法務インサイド)』と題した記事に掲載されました
公益活動
田中 浩之 弁護士が一般社団法人 日本DPO協会 顧問に就任しました

一覧へ

田中 浩之:特集

田中 浩之:ニュースレター

Client Alert 2020年12月号(Vol.84) ダウンロードPDF
Client Alert 2020年10月号(Vol.82) ダウンロードPDF
Client Alert 2020年8月号(Vol.80) ダウンロードPDF

一覧へ

田中 浩之:セミナー・講演

2021年1月25日外部セミナー
『【DOKODEMO】第三者提供規制を中心とした個人データの利活用規制対応の実務~近時の解釈と改正の動向も踏まえて~』
2021年1月21日外部セミナー
『グローバル(欧米・アジア/BRICs)データ保護規制の要点比較と最新実務対応』
2021年1月18日外部セミナー
『成立したCPRAを含むカリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)の最新実務対応』

一覧へ

田中 浩之:著書・論文

雑誌 論文
「国内外の個人情報保護法規制対応」
論文
「The GDR Insight Handbook 2021 – Japan: Cybersecurity」
雑誌 論文
「欧州域外データ移転に関する Recommendationsおよび新SCC案の解説 SchremsⅡ判決を受けたガバメントアクセス対応の観点を中心に」

一覧へ

田中 浩之:その他

経歴

2000年
私立慶應義塾志木高等学校卒業
2004年
慶應義塾大学法学部法律学科卒業
2006年
慶應義塾大学大学院法務研究科修了
2013年
ニューヨーク大学ロースクール修了(競争・発明・情報法学修士/知的財産法 集中コース)
2013年
Clayton Utz法律事務所(オーストラリア連邦シドニー市)にて執務(~2014年)

主な活動

  • 日本工業所有権法学会 会員(~現在)
  • 著作権法学会 会員(~現在)
  • 情報ネットワーク法学会 会員(~現在)
  • 法とコンピュータ学会 会員(~現在)
  • 情報法制学会 会員(~現在)
  • IAPP(International Association of Privacy Professionals)会員(~現在)
  • 2018年 慶應義塾大学法学部法律学科 非常勤講師(知的財産法I)
  • 2019年 一般社団法人 日本DPO協会 顧問(~現在)

所属プラクティスグループ

  • データ・セキュリティプラクティスグループ
  • 知的財産権プラクティスグループ
  • 訴訟プラクティスグループ
  • 国際紛争プラクティスグループ
  • 情報・通信プラクティスグループ
  • 中国・アジア業務プラクティスグループ

弁護士登録

2007年 弁護士登録
第二東京弁護士会 所属
2014年 ニューヨーク州弁護士登録
ニューヨーク州弁護士会 所属